片思いを恋愛へ成就する方法

出会い工作

片思いから恋愛するプロセス

好きな人に思いを寄せる一方的な気持ちを「片思い」と言います。
人を好きになると、まずは恋をしてから片思いという状況になります。
片思いの相手に自分の気持ちを伝えて「両思い」となり、恋から愛へと状況を変えます。
そして二人で愛を育むことを「恋愛」と言います。
このような流れが恋愛関係の始まる一般的な片思いから恋愛へのプロセスです。

臆病になって片思いを伝えられない

しかし、片思いの気持ちを伝えて恋愛が始まる人たちばかりではありません。
片思いから両思いになる人ばかりではないのです。
片思いの気持ちを伝えても断られてしまう場合があるのです。
断られると失恋という心の傷を負ってしまうことになります。
この辛く悲しい心の傷を負いたくないばかりに、片思いのまま相手に自分の気持ちを伝えられない人も多くいます。

片思いを淡い恋と感じて自分の中に仕舞い込んでしまうのです。
恋する気持ちに恋して満足していれば話は別ですが、臆病になって片思いの気持ちを伝えられず悩んでしまう人もいるのです。
片思いが両思いになるように行動しなくては恋愛として成就することはありません。
自分の気持ちを相手に伝える作業が必要になるのです。
片思いを伝える方法としては、自ら伝えたり、友人に伝えてもらったりすることが一般的に多いようです。

片思いから恋愛するための出会い工作

片思いの相手と出会いから恋愛を目指す出会い工作は、相手の性格・心理状態で出会い工作方法が左右されます。
キッカケをうまく利用して知り合い、友人関係から恋愛の話や恋人の有無について触れていきます。

相手の事を知り分析する

まずは相手の恋愛観や結婚観を知る必要があります。
片思いの相手の恋愛観や結婚観が出会い工作成功の鍵となります。
好みのタイプや苦手なタイプ、過去の恋愛や理想的な恋愛や結婚などをどのように考えているのか知る必要があるのです。
片思いの相手の情報を分析して接し方、態度、会話の内容も最初は意識的に気にする必要があります。
片思いの相手に良い印象を与えてその後の関係をつくる必要があるからです。

効果的な接し方が大切

社交的な工作員は、片思いの相手に対して安心感と興味を持たせるように出会い工作を進めて、友人関係へと仲を深めます。
もうこの段階まで進行すれば、工作員が片思いの相手を誘い出せる状態になっています。

片思いの相手とご依頼者様が面識をつくる場面でも交友関係を広げるように友達として紹介したり、グループ交際のように発展させたりします。
出会い工作員を頼りにリラックスして工作に参加して下さい。 状況により工作員は一人から二人、二人から三人へと友達の輪を広げてゆきます。
このグループの輪の中にご依頼者様にも参加して頂くのです。
そして、このグループ交際の中から相手とご依頼者様が二人で付き合いをスタート出来るように出会い工作員が全員で応援致します。
良い印象を与える出会いを演出するために工作員もご依頼者様と一緒になって行動し、アドバイスしてゆきますのでご安心下さい。

そして片思いの相手に良い印象を与えて会話できるようになる頃に連絡先を交換し、連絡を取り合いながら相手の反応をみて食事や飲み会、共通の趣味などに誘い出します。
相手の反応が良ければ早い段階で恋愛に発展することもあるのです。
また、相手が奥手な人ならご依頼者様と打ち合わせを行なって二人の距離を縮められるように出会い工作を進めます。

片思いの相手と恋愛するために

やはり、恋愛ですから相性やフィーリングにも左右されるからです。
面識さえあればいつでも連絡を取り合ったり、会ったりする関係をつくれます。メールや電話をする関係を続けられれば二人で会うことが可能になってきます。
チャンスを最大限に活かして頂くために工作員はご依頼者様を全力で後押し致します。連絡先の交換はもちろんのこと、次に会う機会まで決めてしまったりもするのです。
良い関係を保ちながら相手の恋愛感情をくすぐり、異性として意識させる言動・行動が必要になります。
恋愛対象として意識するように効果的な接し方を繰り返して恋愛関係に発展させるのです。

相手の気持ちが少し傾いたくらいで「付き合ってほしい」と告白してはいけません。
完全に傾かせ、相思相愛の気持ちを確認するまで良い関係を継続することが大切です。
片思いの相手との恋愛感情と距離感と温度差を常に気にして接していくことが重要になります。
ミッションエージェントでは出会い工作というサービスで片思いから恋愛までを応援しておりますのでいつでもお気軽にご相談下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る