復縁できる復縁方法とは?

復縁工作

復縁する為にまずは

電話をしても出てくれない、メールを送っても返信がないなど別れてからの状況も様々と思います。
別れてからしつこくしてしまい相手に嫌われてしまったり、怒らせてしまった人も多く見受けられます。
しかし、「自分は嫌われた・・・」と落胆している場合ではありません。
人と人とが向き合っていく中で、良い時もあれば悪い時もあるものです。
人の気持ちは何かのきっかけで良くも悪くも変わるのです。
二人にとって良いキッカケを作り出せれば復縁へと気持ちが向き始めるはずです。
なぜなら相手にとっても一度は本気で好きになった人なのです。
その中で再会し、うまく連絡を取り合って行ければ、恋愛感情が甦って恋愛していた二人に戻ることだって出来るのです。

別れた相手の大切さに気付かれた以上、もう同じ過ちは繰り返すことはないでしょう。
復縁する方法と同時に、相手と別れてしまった時とは違う自分になる努力も必要です。
その上で二人にしかない最良の復縁方法で復縁を実現します。

復縁工作という復縁方法

復縁工作とは、別れてからの期間が長く経っていたり、ケンカ別れなどの理由から、別れた相手との連絡が取れない方、別れてしまいそうな関係において別れを回避したり、別れた相手とよりを戻すための復縁方法です。

復縁方法 ―接触―

復縁方法となる復縁工作を行なうにあたってお聞かせ頂きたい項目は次のとおりです。

  1. どのような理由で別れてしまったのか?
  2. 別れてからどの位の期間が経過しているのか?
  3. 別れてから連絡は取り合っているのか?
  4. 相手にはすでに恋人や好きな人がいるかどうか?

上記内容を充分に理解して復縁工作に臨みます。
相手の事前調査を終えた後、ミーティングを行ないます。
このミーティングでは、"いつ、何処で、どの様な方法で、どんな復縁工作員"で接触するのか、復縁方法について入念に話し合います。
このミーティングにはご依頼者様にも出来る限り参加して頂いて復縁方法の意見を頂いております。
復縁方法としての接触は、あくまでも自然な形での、普段の日常で起こりえる接触を心掛けています。

成功の鍵を握る第一印象

そして時と場所、その状況によって臨機応変、且つ慎重に対応していきます。
この時に注意する点はご依頼者様との関係性のある展開を考えた接触をすることです。
ご依頼者様との再会や関係回復を第一に考えるため、途中で行き詰まってしまう復縁方法では意味がありません。
また、別れさせ屋工作と違う点はやはり、やり直しの効かない工作のために万全の態勢で臨む必要があるということです。
失敗は許されません。
そのため復縁工作員は相手の情報や行動を全て把握した上できっかけを作り出し、自然な形で接触を行ないます。
また、ご依頼者様と一緒に接触して、ご依頼者様の友人という印象を初期段階で与えて復縁工作を進める復縁方法も多くあります。
接触時に重要なのは”第一印象”です。
ここでは不快を与えることなく、好印象だけを相手に植え付けてゆくのです。
相手の言葉や表情、態度から気持ちを察知し、自然な対話、行動に繋げていく事が得意なのです。
また、その様な場面を復縁工作員自らが演出し、作り上げていくことが可能なのです。

復縁方法 ―再会から恋愛―

復縁工作員は相手との関係構築を確認し、少しずつ恋愛観や結婚観について話すようにします。
会話の中で過去の恋愛や元恋人の話題を振り、ご依頼者様の印象や良い点・悪い点を聞き出します。
会話の中でも相手の反応を見て、様子を伺いながら気持ちを誘導してみます。
このように話を進めることで相手の本音を引き出すことが出来るのです。
そして共通の友人という設定で工作員と一緒に再会したり、偶然を装い再会することもあるのです。

相手の反応を見ながら、相手の持つ印象に合わせた方向性で復縁工作を行なうことが一番重要なことなのです。
再会から恋愛に発展するまでには、相手と連絡を取り合える仲になれるように、わだかまりの無い関係まで修復を行なうことが大前提なのです。
日常の中で会話や連絡が取れるようになれば後は恋愛に発展するためのきっかけがあれば充分です。

ご依頼者様が主役

一度は本気で好きになり、嫌いになって別れたわけですが、このように気持ちが振り子のように振れる対象の人は好きにも嫌いにもなり、そしてまた好きになることが出来る対象ということです。
つまり、好きにも嫌いにもならない対象は元々気持ちが振れない以上、恋愛対象にならない人ということなのです。
再会するという行為に対して心配はいりません。
なぜなら、復縁工作員も一緒ですし、もう過去のご依頼者様ではないはずだからです。

この様に復縁工作員は二人を引き合わせ、愛のキューピット役を演じるのです。
復縁方法としての復縁工作とは、あくまでも主人公はご依頼者様です。
工作員は脇役なのです。
どんな良い映画でも名脇役がいるからこそ、主人公はより一層輝けるのです。
そして人に感動を与え、人の気持ちを動かせる良い映画が出来るのです。
相手と連絡を取り合ったり、恋愛がスタートしてから別れた原因や理由を忘れてしまう人がいます。
自分の悪かった部分や相手の悪い部分を直さないと復縁工作が成功してもその後が上手くいきません。
これからもずっと一緒にいられるように二人の関係や恋愛を大切にしていくことが大切です。
恋愛とは、二人で行なう行為です。
相手の必要性と自分が必要とされることを常に考えて恋愛することで、復縁したら二度と別れない強い絆が出来るのです。

恋人がいる相手との復縁方法

すでに相手に恋人がいる場合には、復縁方法として復縁を最終目的とした別れさせ屋工作を行なう場合があります。
相手にすでに好きな人や恋人がいる時に復縁工作を行なった場合、その効果が半減してしまうことがあるのです。
恋人がいる中で復縁工作を行なって復縁したケースもございます。
しかし、復縁工作中に相手が二股を掛けて、見事に勝ち取ることが出来れば良いのですが、もう一方の人を選んでしまっては全く意味がありません。

復縁する為の別れさせ屋工作

その為、先に別れさせ屋工作を行ない、その二人を別れさせてから気持ちの隔間に入り込み、相手の反応を見ながら復縁工作を仕掛けた方がより効果的な復縁方法になるということです。
また、別れさせ屋工作を行なうことに罪悪感を感じる方もいらっしゃると思いますが、別れさせ屋工作によって別れてしまう二人とは、所詮は別れてしまう運命にあると思います。
別れてしまった相手より、自分の方が幸せにできるという自信があれば罪悪感を感じる必要はありません。
相手を思う気持ちがあってこその別れさせ屋工作なのです。
そして復縁する方法としての別れさせ屋工作になるのです。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る