不倫相談

不倫相談

不倫の悩みを相談する

不倫に何を見出すのか?不倫に何を求めているのか?不倫は人の人生も自分の人生も大きく変える要素を持っています。
不倫されている既婚者の配偶者、不倫している既婚者、不倫している独身者…それぞれに立場や環境の違いはありますが苦しく悩むことはあるでしょう。
ミッションエージェントでは、様々な不倫の悩み・不倫問題に対処し解決に向けて取り組んでいます。
ご依頼者様の理想とする不倫の末の目的までご一緒に悩み、考えて行動してゆきます。

不倫という関係

不倫とは、既婚者が配偶者以外の異性と恋愛して男女関係にあることを意味します。
また、独身者が既婚者と恋愛して男女関係にあることも同じ不倫と言います。
そして、既婚者同志が不倫関係にあることをW不倫(ダブル不倫)と言います。
不倫は、倫理に反すること、人の道から外れたこととして非道徳という意味を持ちます。

不倫は「不貞行為」として不法行為

結婚することで既婚者は、貞操義務が生まれます。
配偶者以外の異性と性交してはならないと法律に定められています。そのため、結婚後は配偶者以外の異性と性的関係を持ってはいけないのです。
自分が既婚者である場合には夫や妻以外の異性と男女関係になることで不倫となります。

また、独身者が既婚者と恋愛して男女関係になることも不倫となり、双方が既婚者同士で夫や妻以外の男女関係も不倫(W不倫)となってしまうのです。
不倫は「不貞行為」として不法行為になるのです。
不倫という罪を犯した二人は「共同不法行為」として共同責任に問われ、どちらかが一方的に悪いというわけではありません。
既婚者とは知らずに不倫関係になっていた場合は別ですが、既婚者側の配偶者から慰謝料請求されると共同責任となり、支払い義務が二人に生じてきます。

独身者にとって辛い不倫

不倫という関係は、辛い恋愛になることもあれば、楽しい恋愛になることもあります。
辛く苦しい恋愛に感じてしまうのは、大抵の場合が独身者です。
不倫という恋愛が始まった頃は何ら普通の恋愛と変わりません。
しかし、好きになるにつれて相手が既婚であることを意識してしまうことになります。
恋愛中も時間的制約や曜日の制約、電話やメールの制限まであることに既婚であることを実感してしまいます。

自分のものにしたい欲望

既婚者側に子供がいることでこの制約が増えることもあります。
「会いたいのに会えない」という辛さから既婚者であることを感じることで、見えない結婚生活や配偶者・子供のことを意識して「人のもの」という現実を感じてしまいます。
不倫という関係を続けていくことで「自分のもの」にしたいと考えるのです。
どうして自分が我慢して恋愛しなくてはいけないのかと自問自答します。
このように感じることで辛い恋愛となってくるのです。
不倫相手の既婚者がこのような辛さを感じさせない器量を持っている場合には、楽しい不倫関係が続くかもしれません。

本気の不倫なら既婚者も辛い

また、既婚者側も自分が結婚しているもどかしさを感じて辛い不倫になることがあります。
すぐにでも離婚して不倫相手のところに行きたい気持ちがあっても家庭がある以上、叶わない夢となって不倫相手と一緒に過ごす時間だけが癒されて自分らしくいられる時になるのです。
不倫している既婚者も家庭を選ぶか不倫相手を選ぶか常に葛藤している人は多く存在します。

遊びの浮気と違って関係を続ける不倫にはそれなりのリスクがあります。
簡単に不倫関係を解消できるなら浮気で終わっていたことでしょう。
既婚者も離婚して不倫相手を選ぶ人も多く存在します。

人生は一度きりと感じて、我慢して気持ちの無い結婚生活を続けていくよりも自分の気持ちに正直に生きたいと感じて人生をリセットします。
このように不倫相手を選ぶ場合には不倫相手の器量が必要になります。
独身者にとっては略奪愛になりますが、自分が選んでもらえるような人であることで辛い不倫から脱出して本命の人になれるのです。

不倫の悩み・不倫問題について24時間無料にて受け付けております。
徹底して完全秘密厳守体制でおりますので安心してご相談下さい。
大切な思いを真剣に受け止めて、ミッションエージェントが最善の解決策をご提案させて頂きます。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る