不倫写真があれば裁判で勝てる

不倫相談

不倫から裁判へ

配偶者の不倫が発覚して、夫婦の話し合いでも解決しない場合には「調停」を行ないます。
調停とは、離婚する場合でも、離婚を回避しようとする場合でも行なわれるものなのです。
不倫が原因で夫婦が離婚を決めたとしても、話し合いがつかない場合や話し合いが出来ない場合には調停員を交えて話し合いの場を設けることを「離婚調停」と言います。
また、離婚の話し合いだけではなく、夫婦が離婚しないで済むように話し合い円満に解決しようとすることを「円満調停」と言うのです。
配偶者が不倫することで離婚に至る場合だけではありません。
元の夫婦に戻ろうとお互いが努力する夫婦もいるのです。
しかし、不倫した配偶者をどうしても許すことが出来なくて、有利に離婚したいと考える人もいるのです。
この場合には、離婚に関わる問題について調停員を交えて数回に渡って話し合います。
慰謝料・養育費・親権・財産分与・住居問題・子供の学校・姓(名前)の問題…。
裁判をしてでも離婚したと思うことがありますが、夫婦が離婚する場合には裁判の前に必ず「調停」を行なわなければならないのです。
いきなり、裁判をすることは出来ないということです。

不倫裁判を有利にするために

調停でも話の折り合いが付かず、裁判に発展した場合には優位な裁判を展開しなくてはいけません。
裁判には不倫の証拠が間違いなく必要になります。
不倫して夫婦関係を破綻させた事実として、第三者が見ても不倫が原因であることが明白な証拠を揃えることで不倫裁判に勝てるのです。
不倫した配偶者も裁判が始まるまでは離婚したい一心で不倫を認めていたにも関わらず、いざ不倫裁判が始まると一転して自分の不倫を求めなくなる人もいるのです。
裁判で不利になる証言を自らする人は少なく、裁判で曖昧な証言をされないためにも不倫の証拠を押さえておく必要があるのと言えるのです。

また、裁判が始まる前に不倫の証拠を押さえておかないと証拠隠滅を図ったり、証拠を押さえられることを警戒して不倫相手と会わなくなる人もいます。
不倫裁判に備えて、不倫調査を行ない、確実に不倫証拠を押さえることで優位な不倫裁判と有利な離婚が可能となります。
不倫から裁判してでも離婚したいという方には不倫の証拠を裁判用の資料として作成して提出致します。
ミッションエージェントでは、不倫裁判について24時間無料にてご相談を受け付けております。
徹底して完全秘密厳守体制でおりますので安心してご相談下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る