不倫関係とその代償

不倫相談

不倫という関係は

不倫という関係は、不倫している本人たちにとっては燃えるようなラブロマンスです。
会いたいときに会えない辛さや時間的な制限がある中での密会など、恋愛に我慢しなくてはいけない制約があることで、さらにお互いの気持ちを追い求めて感情が入り込みます。
好きな人の愛情に精一杯応えられないもどかしさが、不倫という関係の熱を高めます。
不倫関係が家庭や職場に知れてしまっても、不倫関係を解消する気配もない人たちは多いのです。
他人から見れば「不倫関係」ですが、本人たちにとっては「本気の恋愛」なのです。

不倫関係も多種多様

既婚者と独身者の不倫関係や既婚者同士のW不倫関係が一般的に不倫と言われる関係です。
その不倫関係も様々で上司と部下の関係であったり、友人・知人関係、身内や親族関係…様々な環境から男女の関係になり、既婚者が絡んでしまうことで不倫関係となるのです。
不倫する既婚者は家庭や配偶者に不満があって不倫している人ばかりではなく、夫婦関係や家庭環境は良好な場合でも不倫という関係をつくってしまうことがあります。

不倫相手を純粋に好きになって不倫関係になってしまったり、不倫相手に頼ったり頼られたりする仲から不倫関係になったりして、不倫相手の存在がなくてはならないものと感じることで不倫の関係が始まります。
不倫関係の中には、不倫を遊びと割り切った関係もあれば本気になってしまっている不倫関係もあります。
本気になった不倫関係は周囲からの説得や圧力からでは解消できない場合が多く、不倫関係が周知されても隠れて密会する人たちもいれば、開き直って堂々と不倫関係を続ける人もいるのです。

不倫代償を覚悟する

不倫という関係は楽しい恋愛になる反面、リスクの高い恋愛になります。
不倫する上でその代償を知り、そのときのために覚悟も必要になります。
不倫関係が発覚することで慰謝料請求などの代償が考えられます。
不倫関係から既婚者が離婚する離婚しないに関わらず、その配偶者から慰謝料を請求されてもおかしくないのです。
不倫された配偶者としては夫や妻が不貞行為を犯した以上、本人とその不倫相手に慰謝料請求することができるのです。
不倫している独身者は、相手の配偶者から慰謝料請求されることをあまり問題としていません。
「お金で解決できるなら」と払う意思のある不倫相手の方が多いようです。

辛く悲しい不倫関係の代償

不倫関係において一番に恐れる不倫の代償は不倫関係を解消することです。
一緒になれると信じて不倫関係を続けてきたのに、不倫相手から「解消したい」と言われることで立ち直れないほどのダメージを受けてしまいます。
不倫関係が長く、辛く感じていた分、このダメージやショックは大きいと言えます。


不倫関係中に堕胎を経験したり、結婚を約束されて離婚を待って我慢してきたり、配偶者よりも献身的に支えて見守ってきたりした自負があることで不倫の代償を大きく感じることになります。
長く不倫関係を続けてきて、その思いが実らなかったことで後悔することもあるかもしれません。
歳を取ってしっているかもしれません。
婚期を逃がしたり、子供を産む経験もできなくなるほどの大きな代償になるかもしれません。
辛いだけの不倫関係と感じるなら、傷が小さく浅いうちに不倫関係を解消するべきかもしれません。

不倫の代償についてのご相談

また、不倫に代償は付き物と覚悟して、大切な人を信じて愛し続けることも良いかもしれません。
どちらを選ぶにしても不倫という関係に代償があり、その代償を大きくするのも小さくするのも自分次第になるのです。
ミッションエージェントでは、不倫関係の代償について24時間無料にてご相談を受け付けております。
徹底して完全秘密厳守体制でおりますので安心してご相談下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る