不倫から妊娠が発覚したら

不倫相談

不倫関係から妊娠

不倫関係から妊娠してしまう女性は多く存在します。
妊娠した女性が独身者の場合、好きな人の子供だから産みたいと思う人は多くいます。
「迷惑掛けないから産みたい」という女性も多く、シングルマザーを選ぶ人もいます。
女性が既婚者だった場合には、極わずかな例ですが夫の子として産んでしまうこともあるようです。
不倫の関係から妊娠することは既婚者でも独身者でも女性にとっては大きな問題となります。

不倫している女性が妊娠することで男性の態度が変わることがあります。
今まで優しく接していてくれたのに、妊娠したことを告げた途端に冷たくなったり、急に連絡が取れなくなってしまうこともあるのです。
態度の変化から不倫相手の本質が見えてきます。
このように不倫から妊娠が発覚することで不倫関係の行く末が見えてくることになります。

不倫相手に妊娠を告げる

妊娠することで不倫相手の不倫に対する本当の気持ちが見えてきます。
妊娠することで「おめでとう、後は離婚を成立させるだけだから辛抱してくれ」と言ってくれる男性なら妊娠を共に喜んでくれるでしょうし、不倫を本気の恋愛と感じている証拠になります。
しかし、「離婚するまでは子供は無理だよ」、「頼むから今回は堕してほしい」と言います。
将来や未来の期待を持たせることで妊娠しても出産を諦めさせるのです。

不倫に本気になっていても妊娠が時期早々ということもあるとは思います。
不倫相手が妊娠することで覚悟を決めて潔く答えを出せるくらいの器量が不倫する男性には必要と思います。
不倫で女性を傷つけて、妊娠から堕胎することでさらに傷つけてしまうなら不倫する資格など全く無いと言ってよいでしょう。
また、不倫相手に妊娠したことを話すことで諦めるように説得されることがわかっている場合には不倫相手に内緒で出産する人もいるのです。
不倫相手の子供を産むことで認知することを強要したり、関係を続けるように迫ってくる人もいれば、認知も求めずにシングルマザーとして生きてゆく強い女性がいることも事実です。

夫が不倫相手を妊娠させたら

夫が不倫相手を妊娠させてしまうことで予期せぬ問題が起こります。
夫が不倫相手に夢中になっている場合には、離婚の問題が現実味を帯びてきます。
不倫相手は夫との結婚を強く望み、そのためにも離婚してもらわないと子供を一人で育てることになります。
妊娠している以上、両親も心配して不倫相手の離婚を強く望みます。
夫が「離婚したい」と言ってきたら対処の仕方を考えなくてはいけません。

認知の問題も勃発する

また、夫も不倫相手も離婚を望んでいない場合でも認知の問題があります。
不倫相手が離婚も結婚も望まない代わりに「認知して欲しい」と言ってくる場合があります。
認知することで戸籍上の父親として記載され、子は養育費や財産分与などを受け取ることが出来て、父親には支払う責任が発生します。
認知だけを求めるシングルマザーも多く、一人で子供育てるために有利な条件を確保したいと臨みます。
養育費を支払うことで自分たちの生活が圧迫される可能性がありますが父親としての義務は果たさなくてはいけないのです。

人生を大きく変える妊娠問題

不倫相手が夫婦を離婚させる目的で「妊娠した」と嘘をつくことも考えられます。
不倫の関係に疲れて夫婦仲や男性の気持ちを試すつもりだったり、奥さんに自分の存在を知って欲しいという意思表示で妊娠したと虚偽の報告をして困らせてくることもあります。
不倫から妊娠することは、不倫した側も不倫された側も人生を大きく変えてしまう要素を含んだ大きな問題となります。
ミッションエージェントでは、不倫問題について24時間無料にてご相談を受け付けております。
徹底して完全秘密厳守体制でおりますので安心してご相談下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る