不倫からの略奪愛

不倫相談

不倫からの略奪

夫や妻に不倫されて悩む人は多くいます。
不倫相手に自分の夫や妻を奪われてしまうことから、「不倫略奪」と表現されています。
しかし、不倫している独身者は純粋に恋愛している場合が多く、不倫に対しての罪の意識はあまりありません。
結果的に略奪してしまうことになり、不倫している既婚者が不倫相手を選んで離婚を決意することから「不倫の略奪愛」とも言われます。

不倫している独身者は、不倫の関係が長く続くことで不倫相手との結婚を強く望むようになります。
結婚を望むと同時に離婚を望むことになります。
既婚者が不倫相手の気持ちに応えることで離婚を決意して配偶者と別れて不倫相手を幸せにしようとします。
このように不倫からの略奪が実現して、を叶えられるのは不倫から略奪愛を貫くことができる本物の愛情を持った不倫に限ります。

不倫の略奪愛を貫くなら

不倫関係から略奪愛を貫くには覚悟と勇気が必要になります。
既婚者の配偶者から慰謝料請求されることも充分に考えられます。
世間体や噂も気になります。
自分だけでなく家族や兄弟にまで影響を及ぼす可能性だってあるのです。
そのためにも身内や周囲の理解を得ることも必要になるのです。
既婚者の配偶者との心理戦は離婚が成立するまで続くでしょう。
離婚の成立までに気持ちが揺らいだり、疲れ果ててしまうことで略奪愛は実現できなくなるのです。

既婚者も離婚を諦めてしまうことで家庭に戻ってしまうことになります。
家庭を捨てようと決意したのにも関わらず、家庭の良さや配偶者への情を感じてしまい、不倫を解消しようとする既婚者も多く存在します。
本当の意味で覚悟が出来ていないから気持ちがぶれてしまうのです。
略奪愛を貫くためには不倫している二人が同じ気持ちで協力し合って支え合わなければいけません。

不倫の略奪愛を貫くことで既婚者の離婚が成立します。
今度は自分が既婚者の配偶者になる立場です。
不倫相手と結婚することで「不倫」に対する不安があるかもしれません。
自分と結婚しても、同じように外で不倫してしまう可能性を考えると、踏み切れない現実を感じるかもしれません。

絆の強い夫婦関係を築けることもあれば、後ろめたさを感じてギクシャクしてしまう夫婦になることもあるのです。
不倫している時は燃えるような恋愛だったけど、結婚してみて急に気持ちが冷めてしまう人もいるのです。
必死になって奪った相手でも、不倫だから燃えていたということにならないように二人の気持ちを維持しなくてはいけません。

周囲の反対を押し切って結婚することもあるでしょう。
誰かが不幸になる犠牲の上で二人が結ばれるを叶えるなら初心を忘れずに相手を支えることに努めて幸せを感じられる関係をいつまでも続けてゆくことが大切です。

略奪愛を叶える方法

不倫から略奪愛を貫いてしたいと感じていても、既婚者の離婚成立なくしてはあり得ません。
既婚者が離婚するにはタイミングが悪い、離婚のきっかけが無いと言い訳することで離婚が先送りになっていつまで経っても行動せず、不倫から結婚することが出来ません。
また、既婚者の配偶者が離婚を拒むことでは成立が難しくなるのです。

別れさせ屋工作により終止符を

ミッションエージェントでは、不倫からするために離婚できるきっかけや離婚原因を別れさせ屋工作によってつくり出し終わらせたい夫婦関係に終止符を打ちます。
既婚者と不倫している独身者からも、配偶者と離婚したい既婚者からも多くのご依頼を頂いている現状です。
不倫からするためには、現状に流されずに「離婚」と「結婚」を実現するための行動が必要になります。
既婚者の言い訳や環境に左右されていては略奪愛を貫くことが難しくなるばかりか、ずっと変わらない不倫関係のままで時間だけが過ぎてしまいます。

不倫からの略奪愛・について24時間無料にてご相談を受け付けております。
徹底して完全秘密厳守体制でおりますので安心してご相談下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る