不倫の関係と愛人の立場

不倫相談

不倫と割り切った愛人関係

不倫している人の中には、自分が「愛人」であることをしっかり理解している人がいます。
通常、不倫の関係を続けることで「不倫相手と一緒になりたい」と思うものですが、愛人の立場を理解している人は「一緒になりたい」とは考えません。
自分は、愛人という立場以上のことを求めずに不倫相手を支えます。
不倫と割り切っている以上、不倫相手の家庭を優先して考えて不倫相手を困らせることや離婚して一緒になることを求めないのです。
愛人としての立場をわきまえて不倫相手と付き合うことで不倫の関係も長く続きます。

どこまで割り切れるか

愛人は第二夫人や二番目という意味合いから「二号」と言われることもあります。
また、本妻が愛人の存在に気付いていることも多く、慰謝料請求するようなことは無く、愛人の存在を黙認しているのです。
不倫する人、不倫される人、愛人にそれぞれに器量がある場合にこのような割り切った不倫関係と愛人関係が成り立っているようです。

不倫から愛人に求めること

不倫している人は、配偶者に満たすことが出来ない、満たせない気持ちを愛人に求めます。
一見すると不倫している人は愛人と体の関係で繋がっているように思いますが、実は気持ちで繋がっていることの方が大きいのです。
愛人も配偶者より自分と気持ちが繋がっていると感じ取ることで、安心して不倫関係を続けられるのです。

不倫願望のある人や不倫している人は気持ちの充実を求めている場合が多いのです。
性的欲求であれば配偶者に求めれば良いことで、風俗でも充分に満たされるでしょう。
「恋」や「愛」を感じていたいのです。
この恋愛感情を刺激することで不倫という関係が始まり、愛人はこの恋愛感情を上手くコントロールすることで自分の気持ちも満たされる不倫となるのです。
不倫相手も気持ちの無い結婚生活を続けるよりも自分を支えてくれる愛人と人生をやり直したいと感じるのです。

愛人が不倫に求めること

愛人という立場を理解しているつもりでも、将来の心配や不安はあります。
愛人という立場から発展性を求めてしまうことがあります。
「離婚して自分と結婚してほしい」、「子供を産んで家庭をつくりたい」、いつまでも愛人という立場を続けられないと悩むのです。
年齢的なことや世間体、環境的なこともあるでしょう。
ずっと愛人でいること辛く悲しく感じるのです。
普通の恋愛を羨ましく感じたり、普通に結婚したいと思うのです。
また、愛人という立場のまま出産する人もいるのです。

人生を謳歌させる為に

結婚や入籍という形式に捉われずに、自分の気持ちに正直に人生を生きる愛人もいるのです。
他の人を好きになることも出来ない場合や、不倫相手でないと満たされない愛人も多いのです。
気持ちを満たされることで、維持できる関係もありますが自分の思い描く将来を想像して不倫や愛人という立場を考えてみるべきでしょう。
ミッションエージェントでは、不倫関係や愛人関係の不倫問題について24時間無料にてご相談を受け付けております。
徹底して完全秘密厳守体制でおりますので、安心してご相談下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る