社内不倫の問題点

不倫相談

社内での不倫

同じ会社内で恋愛することを社内恋愛と言うように、同じ会社内で不倫することを「社内不倫」と言います。
同じ会社内で恋愛している男女のいずれか一方や、両方が既婚者である場合には社内不倫となってしまいます。
上司が男性既婚者で、部下が女性独身者という場合が一般的に多く見受けられる社内不倫です。

双方が既婚者である場合には「社内W不倫」ということになり、共働きの夫婦も多く、女性の社会進出が目立つ中でこのようなケースも決して珍しくはありません。
社内で恋愛することも危険な会社はありますが、社内不倫となればどんな会社においてもご法度となるでしょう。
社内に噂が広がらないように密会を重ねて愛を育みます。
不倫している二人が同じ会社にいることで緊張感やドキドキ感はあるでしょう。
しかしその分、社内不倫は危険を伴う行為なのです。

社内不倫からの問題点

社内不倫は多くの問題点を抱えています。
まず、社内不倫を解消しても同じ職場のために顔を合わせてしまうことがあります。
新しい恋愛や恋人の噂にも敏感になり、別れても気まずい感じがあるでしょう。
社内不倫が会社に発覚してしまうことで問題が大きくなります。
不倫している二人がそのまま同じ会社にいることが出来る可能性は低いと言えます。
社内不倫が発覚することで転勤や左遷、解雇になる可能性があります。
会社の人にも知れ渡り、後ろ指を指される存在から自主退社せざる終えない状況に追い込まれることも考えられます。

家庭の問題も引き起こす

また、社内不倫が発覚することで既婚者の家庭にも影響が出てきます。
社内不倫の事実が配偶者に発覚することもあれば日常生活に影響しないはずがありません。
転勤や転職の理由が社内不倫だと配偶者が知ることで離婚の問題にも発展しかねません。
独身者側は、退職させられる可能性の中で配偶者から慰謝料請求された場合に慰謝料支払いに対応出来る能力があるか問われます。
このように社内不倫が露呈されることで大きな問題に発展してしまう可能性があると言えるのです。

社内不倫を発展させるために

社内不倫から二人の関係を発展させるためには、原則として社内不倫が発覚しないように努めることです。
社内の周囲や、誰にも気付かれないように関係を保つことは、難しいことかもしれません。
仲の良い社員に話してしまったり、相談したりしてしまうかもしれません。
しかし、内緒話ほど噂として流れる傾向があります。
信用していた友達社員から外部に漏れてしまう危険性は高いのです。
噂になる覚悟で他人に話すように心掛けなくてはいけません。

社内不倫から二人の関係を発展させるためには、社内に他の異性もいるでしょうから軽いスキンシップを取りながら嫉妬させることも恋愛の駆け引きにおいては必要です。
言うことを聞くだけでは相手の言いなりの恋愛となってしまいます。
本来の自分らしさのある恋愛を心掛けて不倫相手をもっと好きにさせることです。
既婚者は、自分のオープンに出来ない不倫関係にじれったさを感じます。
このように感じることでどんどん好きになってくれると同時に離婚の可能性が出てきます。

社内不倫の解決なら

「誰にも渡したくない」、「自分だけのものにしたい」と感じることで不倫相手を選び、自分の気持ちに正直な行動を起こすのです。
「不倫を解消したい」と言ってくるなら、所詮はそれまでの関係しか求めていなかったという意味になります。
不倫相手の性格や環境に左右されていては、自分の幸せを掴むことが難しくなるばかりか、ずっと変わらない社内不倫のままで、時間だけが過ぎて歳を取ってしまいます。
発展しない社内不倫について、24時間無料にてご相談を受け付けております。
徹底して完全秘密厳守体制でおりますので安心してご相談下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る