離婚したいと感じたら

離婚問題

離婚したい

結婚して性格の不一致を感じたり、夫婦になって価値観が違うと感じることは誰にでもあるものです。
しかし、修復できないほど夫婦関係が悪化してしまうこともあるのです。
上手く行かない夫婦関係を続けていくことの方が自分にとっても、配偶者にとっても絶対に良くありません。
それなら人生をリセットする意味で「離婚」を選択することになります。
「離婚したい」と決意したなら「離婚」に向けて行動する必要があります。
自分勝手な考えだけで離婚を選択することはできません。
離婚に関わる諸問題を一つずつクリアしなくてはいけないのです。

離婚してくれない相手と離婚したい

自分から「離婚」を切り出しても受け入れてくれない配偶者もいるでしょう。
突然に離婚を切り出された配偶者もすぐに納得したり、気持ちの整理が出来るものではありません。
気持ちが残っているまま「離婚」を受け入れることは大変辛く、「離婚しない」、「離婚したくない」と強情になることが予想されます。
また、その配偶者によっては「離婚したい」と告げることも出来ない場合があるのです。

離婚を受け入れられるかどうか

配偶者が生活力を持っていたり、子供が反対したり、暴力的な配偶者だったり、暴言や罵声、脅迫的に「離婚」を受け入れない配偶者には注意が必要になります。
過剰に束縛されたり、拘束されたり、脅されたりする場合もあるのです。
このような場合には、「他に好きな人が出来た…。」と言っても到底受け入れることは出来ずに逆上してしまう恐れがありますので配偶者の性格を踏まえて伝えるべきでしょう。

離婚したいなら離婚理由は必須

離婚理由をつくった方は有責配偶者となり、慰謝料請求の対象にもなりますし、有責配偶者から離婚は調停でも裁判でも基本的には受け入れられません。
また、離婚理由が無い場合には協議離婚しか成立しないのです。
よって配偶者が離婚を認めないなら離婚は出来ないのです。
「離婚したい」と強く思うなら、まず「離婚」に至る原因や理由を配偶者に作らなくてはいけません。
離婚が難航しないように、配偶者の恋愛感情の矛先を別れさせ屋工作によって変える必要があるのです。

どうしても離婚したい

「どうしても離婚したい」と思っても、離婚できずに悩んでいる人たちから多くのご相談を頂いております。
ミッションエージェントでは、「離婚したい」方へ別れさせ屋工作というサービスで離婚できない悩みを解消しております。
「離婚したい」場合の別れさせ屋工作方法は状況により異なりますのでご自分の場合と照らし合わせてみて下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る