上手な離婚仕方、賢い離婚仕方

離婚問題

上手な離婚方法を知りたい

離婚の仕方は、主に夫婦が話し合って離婚する「協議離婚」、調停員を間に入れて話し合って離婚する「調停離婚」、裁判で利権を争って公平な判断のもと離婚する「裁判離婚」の3つに分けられます。
近年、離婚が増えている中で離婚する夫婦の9割以上が「協議離婚」によって離婚しています。
離婚すると決めて夫婦双方がが離婚届に署名・押印して役所に提出することで離婚は成立します。

離婚成立前から離婚準備

離婚が成立してから夫婦の財産について、親権について、養育費などの離婚問題について話し合っても手遅れになってしまうことが多くあります。
離婚が成立した以上、元夫婦となり、話し合う必要すら無くなってしまうことが多いのです。
また、離婚が成立してから離婚の諸条件を話し合っても不利になってしまうことが予想されます。
上手な離婚仕方として、離婚が成立する前から離婚に向けての準備しておくことが必要なのです。

離婚後の生活を想定して、仕事や住居を決めておくことも必要になります。
離婚する配偶者から離婚の際に生じる財産分与・慰謝料・養育費などの金銭面をしっかりと話し合い、その取り決めた内容を文章にして残しておくことです。
またこの文章を公正証書として公的文書になるように保全しておくことも必要になります。
焦って離婚してしまうのではなく、自分が少しでも有利に離婚することが上手な離婚仕方と言えるのです。

賢い離婚の仕方

離婚原因が相手にある場合には、離婚に向けて話し合いをする時に有利になります。
そのため、離婚原因の証拠を押さえてしっかり保全しておく必要があります。
当初は離婚原因を認めていても、いざ話し合いになると離婚原因を認めなくなってしまったり、自分が不利になる条件を納得しなくなるのです。

DVや浮気・不倫など、どんな理由であってもその証拠を押さえて保全しておくことで相手との話し合いを有利に進められるのです。
離婚原因の証拠は調停離婚・裁判離婚に発展するほど重要になります。
また、自分に離婚原因がある場合でも、それを隠し通して離婚する人もいます。
勿論ですが相手には本当の離婚理由を伝えずに性格の不一致というあやふやな理由を口実にして離婚に向けて話し合いを進めるのです。

真実を隠し通す

本当の離婚理由を話すことで不利な離婚を強いられたり、大きな問題となってしまうなら真実を話さずに離婚することも賢い離婚の仕方と言えるでしょう。
また、自分に離婚原因があることを相手が理解していることから、不利な離婚が想定されてしまう場合にその相手に対して別れさせ屋工作による不貞行為の事実をつくり、夫婦関係が破綻したのは相手の不貞行為が原因と立証する人もいるのです。

お互い様の状況作りをするには

このような状況から「夫婦お互い様」という環境をつくり、一方的に不利な状況から立場を挽回する人もいるのです。
ミッションエージェントでは、離婚の悩み・離婚問題に離婚相談を通じて、対処し解決に向けて取り組んでいます。
ご相談について24時間無料にて受け付けております。
徹底して完全秘密厳守体制でおりますので安心してご相談下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る