離婚できる方法とポイント

離婚問題

離婚できるポイントは夫婦によって様々

夫婦として生活する中で「離婚の危機」に直面することはあるものです。
配偶者が離婚の原因をつくってしまったことが離婚理由になると考えがちですが、自分が自ら離婚の原因をつくってしまっていることが離婚したい理由になっている場合も多いのです。
夫婦が離婚を決める理由に多く見受けられることは下記のようなことが多いのです。

  • 配偶者(または自分)の不貞行為。
  • 配偶者(または自分)に生活費に関係に無い借金がある。
  • 配偶者(または自分)が暴力を振るっている。
  • 夫婦不仲から別居している。
  • 配偶者が行方不明である。

上記のように夫婦が離婚する理由は、夫婦のどちらかに離婚に至る原因がある場合が多いのです。
しかし、配偶者や自分に離婚原因が全く無く、夫婦仲も良いのに離婚を望む夫婦も意外に存在するのです。
夫婦として生活してきたのですが離婚原因は無く、今後はお互いが自由になること、別々の人生を歩んでいくことが離婚理由なのです。
夫婦の話し合いが成立すれば問題無く離婚できるのです。

離婚できる正当な離婚理由が必要

夫婦が離婚をする場合、夫婦間で話し合って離婚に合意すれば「協議離婚」は成立して離婚できるのです。
しかし、夫婦のどちらかが離婚を拒む場合には協議離婚は成立しなくなり、離婚するための正当な離婚理由が必要になるのです。
法的に離婚理由として認められる事項は下記のとおりです。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 回復の見込みの無い強度の精神病
  • 婚姻を継続しがたい重大な事由

夫婦間の話し合いで離婚が成立しない場合には、離婚調停や離婚裁判に発展してしまいます。
そのときに民法上では法で定められている正当な離婚理由を必要とするのです。
配偶者が離婚を認めてくれない場合には上記離婚理由に該当することが無いと離婚は成立しないのです。

上手に離婚できるポイント

離婚するには法で定められて離婚理由が無くはいけません。
具体的にどのような理由からスムーズに離婚できるのか知っておかなければなりません。
「不貞行為」とは言わずと知れた「浮気」になります。
しかし、「遊び」と捉えられるような浮気の証拠では「不貞行為」と認められなくなってしまいます。
継続性のある不貞行為の証拠が必要になります。

「悪意の遺棄」とは、配偶者や家族を放っておくことを意味します。
夫婦として一緒に暮らし(同居義務)、家計を共通にし(扶助義務)、助け合って家庭を維持する(努力義務)など、夫婦に義務付けられているのです。
家計を省みずに浪費したり、家事や育児を配偶者に押し付けていると「悪意の遺棄」とみなされてしまいます。

しかし、夫婦生活を続けられないと認めてもらえるのはかなり重度の場合に限ります。
同居義務違反など数年間に亘って別居している状況を証明できなくては離婚できる理由にはならないのです。
「3年以上の生死不明」は行方不明になって音信不通の状況が3年間続くことで離婚できる理由として認められます。
「回復の見込みの無い強度の精神病」は医者の診断の下で認められる離婚できる理由なのです。
一般的に多い離婚理由が、配偶者から暴力や借金からの生活苦などは「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当し、離婚が認められる場合があります。
しかし、この場合も夫婦生活を継続、回復できないほど悪化している重度の夫婦関係を意味し、また借金に関しては生活費以外で秘密にしていた浪費などを指し、それを証明しなくてはいけないのです。

離婚できる方法

自分が「離婚したい」と感じていても配偶者が離婚を認めず、そして離婚できる理由が無い場合には離婚は認められません。
それでもやはり、「離婚したい」という意志が強いなら離婚に向けて行動するしかないのです。
自分から「離婚したい」と言い出せない場合や、配偶者が離婚に合意してくれない場合に「不貞行為」である離婚できる理由を “別れさせ屋工作” というサービスによってつくり出して上手く離婚したいと考える方も増えています。
離婚を認めてくれない配偶者に対して、異性の工作員を接触させて不貞行為の証拠をつくり、離婚に持ち込む方法です。

離婚できる理由、離婚できるきっかけを別れさせ屋工作という方法を用いてつくり出すのです。
離婚を先送りにして仮面夫婦を演じていても精神的にも肉体的にも良くありません。
夫婦として関係修復が困難であれば、離婚を決断しなくてはいけない時もあるのです。
そして離婚できる状況は待っていても訪れません。
自分で選択して行動する勇気が必要になります。

別れさせ屋工作なら離婚できる

離婚したい場合の別れさせ屋工作とは、離婚したい配偶者に対して異性の工作員を接触させて不貞行為の証拠をつくり、優位に離婚できる方法となります。
別れさせ屋工作を行なう場合には、下記の事項をお聞かせ下さい。

  • 配偶者に「離婚したい」と伝えたか?
  • 離婚したい理由
  • 離婚に合意しない配偶者の理由
  • 夫婦の経緯と環境(子供の有無・恋愛から結婚して今現在までの経緯)
  • 慰謝料・養育費・親権・財産分与などの問題をどのように考えているか?

離婚を拒む配偶者に対しての別れさせ屋工作は、夫婦間に解決できない不満や問題があり、離婚したいけど離婚できる理由が見当たらない場合などに用いられ、異性の工作員と不貞に至り、その恋愛に配偶者が本気になることで配偶者から「離婚したい」と切り出してくることもあるのです。
また、夫婦が離婚する場合には夫婦だけの問題ではなく、家族の問題や世間体などもあるために身内が離婚を認めないケースも多いのです。

その為にも周囲の人には“不貞行為の事実”を知ってもらう必要があるのです。
周囲の理解を得ることが出来れば、夫婦不仲の認識を下に離婚し易い状況をつくれます。
離婚できる方法の別れさせ屋工作が完了しても、夫婦間に子供がいる場合には工作が完了してから離婚に至るまでに親権問題で話し合う期間が必要になることもあります。
しかし、離婚を拒んでいた配偶者に離婚原因をつくることで揉めることなくスムーズに離婚できる夫婦が多いのです。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る