離婚の別居期間と別居中の注意

離婚問題

離婚の前に別居してみる

夫婦として結婚生活が上手くいかなくなることで、離婚が頭を過ぎります。
しかし、離婚する前に「別居」をして夫婦の存在の意味を確かめたいと考えます。
離婚することで生活がどのように変化するのか、離婚しても生活できるのか、離婚して後悔するのか…離婚前に別居してみることで冷静に夫婦の存在や結婚生活を省みることが出来るようになることもあります。

また、夫や妻から逃げたい、離れたい一心で別居を決意することもあるでしょう。
暴力や暴言、浪費癖や酒癖、借金…などが理由で共に生活することで甘えてしまい生活できなこともあるのです。
一緒に生活することで冷静になれず、感情的になってぶつかり合ってしまう関係なら離婚を決意するまえに別居してみることも一つの選択肢です。

別居は夫婦合意の上で

別居をする場合には、配偶者の許可が必要になります。
勝手に出て行って別居してしまえば余計に夫婦の溝は深まってしまいます。
また、夫婦には『夫婦は同居し、互に協力し扶助しなければならない』と同居の義務が定められています。
結婚している夫婦には同居して共に生活する義務があります。

「別居したくない」と配偶者が意思表示しているにも関わらず別居してしまうと、家庭を見捨てた悪い配偶者という見解に受け取られてしまい、『悪意の遺棄』と取られてしまい有利な離婚は難しくなります。
悪意の遺棄と取られることで離婚慰謝料の請求はできなくなります。
別居をするときには、相手の意向を無視して別居を強要したり、同居を一方的に拒否したりすると後に離婚裁判などに発展した場合に不利になるケースもありますので、夫婦互いに納得した上で別居するようにしましょう。

正当な別居理由

夫婦双方が別居することに納得している場合は当然ですが同居義務違反にはなりません。
例えば、単身赴任している場合や病気で長期入院している場合や配偶者からの暴力から逃げるために別居している場合などです。
特に、配偶者が暴力を振るうとか、緊急性や危険性がある場合には、むしろ一方的に出て行くということに正当性がありますし、危険を回避することになります。
このような場合には、当然ですが「悪意の遺棄」には該当しません。

別居中の注意点

別居している夫婦が離婚する時に親権で争った場合、子供と同居していた方が有利となる傾向があります。
今まで暮らしてきた子供の環境を変えるのは子供の心境を考慮するとあまり望ましくないとの理由からです。
よって別居から離婚して親権も取りたいと考えているなら別居中に子供と同居して暮らすようにしなくてはいけません。

また、離婚を前提とする別居の場合でも別居中に異性との関係を相手に知られないように気をつけなくてはいけません。
離婚や別居の理由が浮気や不倫と思われてしまうことでマイナスです。
別居中から始まった恋愛でも夫婦関係破綻後の恋愛と主張することが苦しいと予想されます。
別居中なら離婚前には異性関係のことは出来る限り相手に知られないようにしておくべきでしょう。
別居中の恋愛が発覚することで、浮気や不倫と取られてしまい、配偶者から婚姻費用(生活費)を貰えなくなる可能性があります。
例え別居中でも自分の行動次第では不利な立場に立たされてしまうことがありますので注意が必要です。

ミッションエージェントでは、離婚を前提にした別居や別居中の問題で悩んでいる方へ24時間無料にてご相談を受け付けております。
徹底して完全秘密厳守体制でおりますので安心してご相談下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る