離婚の親権と子供の問題

離婚問題

子供と親権の離婚問題

夫婦が離婚する場合に一番問題になることは「子供」のことです。
親権者を取り決めて離婚届に記入しなければ離婚届は受理されません。
離婚するにあたって親権者を夫婦のどちらかに決めます。
親権者にならない方の親には子供と会う権利「面接交渉権」がありますので、この権利の条件も取り決めておくと良いでしょう。
一般的には、子供の心境や環境を尊重して、離婚した後に面会できる日時や回数・頻度など話し合って取り決めておくのです。
夫婦が離婚することは子供にとっては大きなショックになる場合が多く、子供の心の負担を出来るだけ軽減できるように親として配慮しなくてはいけません。

子供の親権争い

離婚問題の中で夫婦間の話し合いでも難航するのが子供「親権」の問題です。
夫婦が離婚するにあたって親権を譲らないことがしばしばあります。夫としても妻としても自分の子供と離れることはとても辛いことになります。
自分が親権者となって子供と暮らし、成長させたいと願うのです。

離婚する夫婦も子供の意見を尊重する場合があります。
離婚して母親に付いていくか、父親に付いていくのか、子供が10歳位から裁判所でも子供の意見を取り入れて親権者を取り決めるのです。
子供がまだ幼児で離婚という問題を把握できない場合には特別な理由が無い限り、子供(幼児)の親権者は母親になることが一般的です。
母親の精神的な問題や病気などで子育てを思うように出来ないと判断される場合には幼児でも父親に親権が渡ります。

また、母親の経済力や環境も子育てできるのか裁判所では考慮されることになります。
子供の親権争いから離婚成立までに長く時間が掛かってしまうことがあります。
また、子供を奪い合う親権争いもあれば、夫婦が互いに親権を放棄して擦り付けてしまうこともあるのです。

親権争いを解消する別れさせ屋工作

離婚する際に、子供の親権を奪い合う夫婦は多いものです。
互いに親権を譲れないと主張します。
このように子供の親権問題で離婚するのに時間が掛かってしまったり、離婚が難航する場合には配偶者に別れさせ屋工作を行なって親権を放棄させてスムーズに離婚する人もいるのです。

人生をリセットしたい人もいる

離婚して子供と暮らすことを考えるよりも、新しい恋愛をすることで恋愛相手に夢中になり、人生をリセットしたいと考えるのです。
子供の親権を放棄することで自由に恋愛できると考えることから親権争いをすることなく離婚に至るのです。
父親や母親という部分より、男性であり女性であることを自覚させることで新しい恋愛に夢中になり、新しい恋人の気持ちを奪われてしまうのです。
恋愛に夢中になる中で、離婚後に子供がいない方が自分にとって都合が良いと判断することになるのです。
子供には「会いたいときに会えればいい」という感覚になることで親権争いを避けることが可能になるのです。

子供や親権について悩んでいる方へ

ミッションエージェントでは、離婚問題に関する子供や親権について悩んでいる方へ別れさせ屋工作というサービスを真剣に取り組み、その悩み解消しております。
ご相談について24時間無料にて受け付けております。
徹底して完全秘密厳守体制でおりますので安心してご相談下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る