離婚する方法

離婚問題

離婚してくれない相手と離婚できる方法

離婚を受け入れてくれない配偶者も多くいます。
突然に離婚を切り出された配偶者もすぐに納得したり、気持ちの整理が出来るものではありません。
気持ちが残っているまま離婚を受け入れることは大変辛く、「離婚しない」、「離婚したくない」と意地を張ってしまいます。

また、配偶者によっては「離婚したい」と告げることも出来ない場合があるのです。
配偶者が生活力を持っていたり、子供を味方に付けたり、暴力的な配偶者だったり、暴言や罵声、脅迫的に「離婚」を受け入れない配偶者には注意が必要になります。
過剰に束縛されたり、拘束されたり、脅されたりする場合もあるのです。
このように配偶者に「離婚したい」と告げることで離婚してくれないばかりか、自分の身に危険が及んでしまう場合や生活環境が悪化してしまうと予想される場合には、相手に「離婚したい」と告げることは避けるべきと判断します。
意地を張って余計に離婚することが出来なくなったり、離婚したいと言い出すことで不利な条件を提示されてしまうからです。

また、自分に離婚原因や離婚理由がある場合も自分から「離婚したい」と言い出すことで不利な離婚を強いられてしまう可能性が高くなるのです。
自分に非があっても離婚できるのであれば、本当の離婚理由を伝えずに何も知らせないまま有利に離婚した方が良い場合だってあるのです。
離婚できなくて困っている既婚者から多くのご相談を頂いております。
離婚してくれない相手、離婚を認めない配偶者との離婚方法として別れさせ屋工作を利用する人は多いのです。

離婚できる離婚方法

離婚を認めてくれない場合に離婚の条件を譲歩しても離婚を受け入れてもらえない場合が多いのです。
配偶者の気持ちや愛情が無いと理解していても意地になって離婚しようとしないのです。
毎日、「離婚してほしい」と伝えても到底受け入れてはくれません。
また、逆上して日々の生活が余計に苦しくなってしまう恐れがありますので配偶者の性格を踏まえて伝えるべきか考えなくてはいけません。

離婚理由をつくった方は有責配偶者となり、慰謝料請求の対象にもなりますし、有責配偶者から離婚は調停でも裁判でも基本的には受け入れられません。
また、離婚理由が無い場合には協議離婚しか成立しないのです。
よって配偶者が離婚を認めないなら離婚は出来ないのです。

「離婚したい」と強く思うなら、まず「離婚」に至る原因や理由を配偶者に作らなくてはいけません。
離婚が難航しないように、配偶者の恋愛感情の矛先を別れさせ屋工作によって変える必要があるのです。
このように離婚できる離婚方法として別れさせ屋工作を必要とする夫婦は多く存在して、その解決に向けて取り組んでおります。

離婚方法としての別れさせ屋工作

離婚したい配偶者に対して別れさせ屋工作員を接触させて不貞行為の証拠をつくり、有利に離婚に持ち込むために別れさせ屋工作を行ないます。
配偶者に不貞行為があることが発覚すれば、離婚理由が配偶者側にあることで周囲や親族も味方になってくれるのです。
例え、離婚調停や離婚裁判になっても法的に認められる離婚理由の証拠があることで有利な離婚をすることが可能となります。

このように、配偶者に離婚原因をつくって離婚を認めざるおえない状況をつくる必要があるのです。
また、配偶者が異性の工作員に本気になることで、自ら「離婚したい」と告げてくることもあります。
この場合には、夫婦で話し合って優位な協議離婚が可能となります。
配偶者も自分の不貞を認める場合と認めない場合がありますが、別れさせ屋工作の展開次第で本当の離婚理由を自ら認めるように仕向けることも可能になります。

離婚方法は知識と準備が必要

夫婦生活の中で些細なことから喧嘩したりして仲の悪くなる要因を作り、配偶者の気持ちを離そうと努力することも大切です。
言葉で伝えるのではなく、行動して気付かせるのです。
このような離婚要因を夫婦関係に織り交ぜながら別れさせ屋工作を進展させることで配偶者の気持ちも離れ易くなるのです。
このように仕向けることで工作員との恋愛も進展しやすくなり、配偶者から離婚を切り出してきたりする可能性もあるのです。

別れさせ屋工作という離婚方法では、配偶者との情に流されないように強い決意を必要とします。 また、離婚には慰謝料・財産分与・養育費・親権などの離婚問題が絡んできます。
この離婚問題を解決できるように知識と準備が必要になります。
別れさせ屋工作中において、配偶者との接し方は随時アドバイスさせて頂きます。
離婚したい配偶者とどのように接して、対処するべきかを詳しく伝えながら別れさせ屋工作を進めてゆきます。

ミッションエージェントでは、離婚相談を通じて、離婚方法について真剣に対処し解決に向けて取り組んでいます。
ご相談について24時間無料にて受け付けております。
徹底して完全秘密厳守体制でおりますので安心してご相談下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る