雇用調査

各種調査

雇用調査する理由

会社は個人の集団で形成され、個人の集まりが会社を支えることで成り立ちます。
働く人材とは会社にとっては「命」です。
人材が会社の血となり骨となり、会社を繁栄させてゆくのです。
どんな企業も良い人材を確保するために躍起になっているのが「雇用」という人材確保の手段です。
有益な会社を作るために優秀な人材を求めて雇用には力を入れます。
新卒者、中途採用、引き抜きやヘッドハンティングなんてこともあるでしょう。
また、人材派遣会社からも優秀な人材を確保します。

雇用する上で企業が求めることは「利益」という結果です。
もちろんこの利益は安心の上に成り立つことになります。
人材がいくら優秀でも協調性に欠けていたり、自己管理すら出来ない人、他人に迷惑を掛ける、会社のことを考えていない人なら会社にとって有益とは言えません。
人間性に問題があっては雇用しても時間と経費の無駄になってしまうことになります。

個人信用調査の必要性

雇用するにあたって見抜かなければいけないのが人間性や将来性です。
経歴詐称や学歴詐称、身分詐称など、自分を売り込むために自分の価値を高めようとして自分自身を誤魔化す人も存在します。
このような人材を見抜き、排除しなければ後に大きな問題になることが多々あるのです。
建築や食品から始まった偽装問題、民間企業による不正や不祥事、官公庁の職員による汚職事件のニュースは後を絶ちません。
どの企業にも、どの団体にも優秀で真面目な人材がいるのにたった一人の不注意から大きな事件に発展して、企業イメージやブランドイメージを一瞬にして失墜させてしまうことになるのです。
企業や会社の体質的なこともあるかもしれませんが、個人の人格や品格が問題の引き金になっていることが多く、これが会社の体質として蔓延してしまうのです。
どんな企業でも会社でも雇用の段階で人材を見抜き、教育してゆく意識を強める必要があると言えます。
問題が起きてから解決するのではなく、問題が起きる前に解決する「転ばぬ先の杖」なのです。

  • 経歴に詐称はないか?
  • 借金があるのか?破産歴や債務整理の経緯は?
  • 前科、前歴はあるのか?
  • 犯罪に団体や組織との繋がりがあるのか?
  • 前職に問題があるか?
  • 人間性は?
  • 居住地・職場での評判

探偵の雇用調査

探偵が雇用調査を行なう場合でも、対象者となる人物の情報がある程度は必要になってきます。
情報の質と量によっては雇用調査に掛かる調査時間・調査費用の削減にもなりますので予め準備されておくと良いでしょう。(下記全ての情報が揃っていなくても問題ありません。)

雇用調査 事前情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • 居住所(前住所・旧住所)
  • 身長
  • 体型
  • 勤務先、(前勤務先)
  • 出身地、出身校
  • 対象者の写真
  • 特徴、癖
  • 趣味、特技
  • 交友関係
  • 所有車両の車種・色・ナンバー
  • 銀行口座

上記したような事前情報があると、雇用調査自体が低コストに繋がり、ご依頼者様の金銭的なご負担も軽減され、雇用調査もスムーズになります。
雇用調査は、データ情報を収集する調査と張り込み・聞き込み・追尾の調査になります。
調査現場で見たことや知り得た情報は、ご依頼者様にはリアルタイムで現地調査員より、お電話やメールにてご報告させて頂きます。
また、雇用調査中に調査対象者からのご依頼者様に何かしらの情報が入りましたらご報告のご連絡をお願い致します。
このようにリアルタイムでご報告や情報交換をすることでその状況をいち早く把握する事ができ、次の行動や展開をご一緒に考えて頂きます。
また、逐一ご報告させて頂くことにより無駄なコストの削減に繋がります。

雇用調査のアフターフォロー

雇用調査終了後には、詳細かつ克明な「調査報告書」を提出させて頂きます。
お預かりした資料は必ずご返却し、事前に頂いた情報や雇用調査によって知り得た情報も全て抹消致します。
雇用調査をするということは確かめる行為であり、決して悪いこと、後ろめたい行為ではありません。
悪い事ばかりを調査するのではなく、今まで気付くことの出来なかった良い部分や新しい発見があれば相手を見直すことが出来て今まで以上に安心して付き合っていくことが出来るはずです。
雇用調査によって問題や悩みを解決できることもありますが、調査結果によっては一人では解決することが難しい状況もあるかと思いますので、雇用調査の結果を元に再度ご相談頂きまして引き続き解決へ向けてお取り組みさせて頂きます。

雇用調査の注意点

ご依頼前には調査目的や依頼内容を第三者には、決して口外しないで下さい。
依頼情報が洩れてしまいますと雇用調査が困難になるばかりではなく、真実の結果を得られなくなってしまいます。
また、調査対象者の何曜日・何時からの行動が気になるのかをお伝え下さい。
曜日や時間を絞って調査することにより、無駄なコストの削減にもなり、またいち早く調査結果にも繋がります。

雇用調査料金

雇用調査 10万円~(データ情報調査による雇用調査)

雇用調査時間プラン(素性や素行を調べる雇用調査)

雇用調査基本料金 1日 3時間 / 5万円
延長料金 1時間 / 1万円
雇用調査基本体制 調査員2名 / 車両1台
  • 雇用調査終了後には、「調査ご報告書」をご提出させて頂きます。
  • 雇用調査の日数や時間が長期間や長時間になると予測される場合には予めご相談下さい。
  • ご依頼者様が調査現場に立ち会うことが可能ですからその際にはお気軽にお申し付け下さい。
  • 基本料金には交通費・ガソリン代・車両代・機材代・報告書代等の諸経費は含まれています。
  • 雇用調査が遠方の場合には、別途経費(宿泊費・交通費等)のご負担をお願いする場合がございます。
  • 雇用調査中における交通機関のご利用費(飛行機・新幹線・タクシー)は別途ご請求となります。
  • 日本全国24時間ご相談可能・雇用調査対応可能となります。
  • 雇用調査費用は分割払い(最長60回)のご相談も可能ですので気軽にお申し付けください。
  • ご契約頂きましたら、即日に雇用調査に着手することも可能ですし、ご指定日の対応も可能な体制です。
  • ご契約費用以外の調査料金をご請求することは一切ございませんご安心下さい。

雇用調査のアフターフォロー

雇用調査終了後には、克明かつ詳細な「調査報告書」を提出させて頂きます。
お預かりした資料は必ずご返却し、事前に頂いた情報や調査で知り得た情報は全て抹消致します。
雇用を調査するということは確かめる行為であり、決して悪いことや後ろめたいことではございません。
悪いことばかりを調査するのではなく、今まで気付くことの出来なかった良い部分や新しい発見があれば見直すことが出来て今まで以上の信頼関係を築くことが出来るでしょう。
雇用調査によって問題や悩みを解決できることもありますが、調査結果によっては一人では解決することが難しい状況もあるかと思いますので、雇用調査の結果を元に再度ご相談頂きまして引き続き解決へ向けてお取り組みさせて頂きます。

ミッションエージェントでは、ご相談を通じて雇用調査に真剣に取り組み、その問題や悩みの解消を実現しております。
ご相談について24時間無料にて受け付けております。
徹底して完全秘密厳守体制でおりますので安心してご相談下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る