盗聴防止と盗聴対策

各種調査

盗聴を防止する

盗聴は、プライバシーを侵害する犯罪行為と言えます。
全く知らない他人の会話や声を盗聴する盗聴マニアや、彼氏や彼女の行動と言動が気になる恋人、妻や夫の行動を把握したい配偶者、子供を監視する親、友人や知人の弱みや秘密を知ろうとする者、会社や企業の機密情報を探ろうとして盗聴器を仕掛ける者までいるのです。
盗聴は簡易的な犯罪であり、興味や好奇心から盗聴行為を行なってしまうのです。
「自分は大丈夫!」と思っていてもいつその標的になるかわかりません。
他人事と考えずに盗聴を防止するための盗聴対策を考えて講じなければいけません。
普段から気をつけて自分の身を守ることで盗聴行為を防止する習慣ができて、このような問題に巻き込まれないようになるのです。

盗聴を防止する方法

盗聴とは、聴取・録音するといった行為を言います。
聴取した音や声からあらゆる情報などを集めて、相手の動向や会社の極秘情報などを探る目的で使われています。
この盗聴行為を防止するためには日常の中で気をつけることがあります。
まずは、電池で動作できる物を全てチェックしてみることです。
そして、電化製品とコンセントの中やプラグを確認して自分で購入した物かを確認します。
自分で買っていない物や元恋人や友人が買ってきてくれた物は処分して新しい物を購入すると良いでしょう。

また、元配偶者や元恋人の不審な荷物などがある場合には要注意かもしれません。
電話機も貰い物の場合には一度確認してみると良いでしょう。
電話線なども心配な場合には電話会社を呼んで点検してもらうことも良いかもしれません。
また、確認したり、買い換えたりすることが面倒な場合には、一度盗聴器調査することをお勧め致します。 ワンルームでも2~3万円、広い自宅や会社でも数万円で済んでしまいます。
安心して生活して仕事に打ち込めることになるでしょう。
盗聴器調査で一度安全を確認することで、その時点から何がどのように変化するのか敏感になり、見たことの無い延長コードや配線タップを見つけることで盗聴防止に繋がってきます。
また、引越し先に先住者がいた場合には仕掛けられていた盗聴器によって被害を受けてしまう可能性がありますので引越し前に盗聴を防止する意味で点検しておくと良いでしょう。

盗聴防止対策

盗聴器の小型化や模造品の精度に伴い、盗聴器を目で見て発見することは困難に近いです。
卑怯な盗聴行為から自分のプライバシーを守らなくてはなりません。
そのためには他人事と思わずに盗聴防止対策はきちんと行なうことが賢明なのです。
まずは、盗聴器の特徴を知ることです。
そして盗聴器の取り付け場所や設置場所を気にすることです。

盗聴防止対策としては、むやみやたらに不特定多数の人を自宅に招きいれないことです。
親しくない人からの贈り物を貰わない方が良いでしょう。
送り主が不明な荷物を受け取って使用したりすることは絶対に避けましょう。
盗聴器の取り付け場所や設置場所として多いのが、電気スタンドや目覚まし時計です。
コンセントに電源を刺す置物や電池を入れる壁掛時計は要注意です。
コンセントなどのスイッチ類や電話器の中など、誰の家にでもある物の中に隠されていることが多く、盗聴防止対策を考えるなら「電力の必要な物」、「スイッチを入れる物」を特に注意する必要があると言えます。

携帯電話も盗聴器になる

また、携帯電話を盗聴器代わりに使用していることも多く見受けられるようになりました。
携帯電話を無音で受信できる設定にして、物の中に隠していたり、わざと置き忘れていってその携帯電話に電話することで室内の会話や声、また所在を確認したりするのです。
携帯電話を利用することで従来の盗聴器よりも音質や通信距離が比較にならないほど鮮明になります。
盗聴は、自分自身が盗聴に対する危機管理意識を持って盗聴防止対策を行えば、盗聴というプライバシー侵害行為を必ず未然に防ぐことができるのです。

ミッションエージェントでは、ご相談を通じて盗聴防止対策に真剣に取り組み、その問題や悩みの解消を実現しております。
ご相談について24時間無料にて受け付けております。
徹底して完全秘密厳守体制でおりますので安心してご相談下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る