風俗は浮気になる?

浮気調査

風俗は不貞行為ではない?!

夫の風俗通いが判明することで離婚を考えてしまう妻がいます。
夫が風俗に行ったことが判明すれば「浮気」という括りには該当します。
しかし、離婚を認められる理由にはなりません。
風俗は、接待サービス業務として営業を行なっている以上、あくまでも業務として捉えられてしまい離婚を認められる離婚原因には該当しません。

夫婦の約束を破って風俗に行ったことが判明した場合や、風俗に通うことで夫婦関係が破綻した場合には、「婚姻を継続し難い事由」に該当して夫に離婚請求することはできます。
ですが、調停や裁判で話し合い争っても離婚できるかどうかはわかりません。
また、その風俗店や風俗嬢に対して慰謝料を請求する事は出来ないのです。
調停でも裁判でも「風俗=遊び」として捉えられてしまうのです。
しかし、風俗嬢と営業目的以外で個人的に男女関係を継続的に持ってしまうと不貞行為と認められて慰謝料請求や離婚請求の対象として認められることになります。

夫の風俗浮気の対処方法

夫が風俗に通って困っている妻は多くいます。
風俗に行くことで無駄な出費がかさみ、家族サービスできる時間とお金を費やしてしまいます。
病気に心配もあるでしょう。
世間体を気にすることもあります。
そして何より、夫婦のスキンシップの回数と時間が無くなります。
夫が風俗で無駄な体力を使うことで夫婦生活を疎かにしてしまいます。
妻としてはやり切れません。
夫婦のコミュニケーションが減ることで夫婦仲にも影響します。
まさに悪循環になるのです。

夫の心を読む

夫の風俗を止めさせるためには、夫の心境心理を読むことです。
夫を気にして心地よく接してあげることが大事です。
そして妻として「女」を磨き続けることが大切です。
いつまでも魅力的な女性でいることで夫の風俗通いを止めさせるのです。
風俗に費やすお金で二人で食事したり、出掛けたりして新鮮さを保つことが重要になります。
また、夫の求める要求にも出来る限り応えてあげることも大切になります。
夫婦の愛を追求する意味でも、今までにない夫婦生活を見せてあげることで良い刺激になることもあるのです。

風俗嬢に本気になっている浮気を解消する

風俗嬢に思いを寄せるお客さんは多いのです。
1年も2年も同じ風俗嬢を指名しているお客さんも珍しくありません。
夫に「風俗行くのを止めて」と言っても聞かない場合には、風俗嬢に本気になっている可能性が高いと言えます。
サービス目的で風俗に通っているのではなく、風俗嬢に会いたいのです。

このように風俗嬢に本気になっている場合には、夫の気持ちが変わるように別れさせ屋工作を行ないます。
風俗嬢の本質を理解して目を覚まさせるように風俗嬢に工作する場合と、一旦は夫に女性工作員を接触させてから風俗嬢との関係を切って別れさせて解消する方法など夫の性格や風俗嬢との関係性において別れさせ屋工作の方法が変わります。
夫が風俗に通って使う期間と金額を考えれば別れさせ屋工作で夫の目を覚ましてあげることの方が安く済むと思います。
また、夫との夫婦関係を見直せる良い機会になるはずです。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る