浮気を防止する方法と対処法

浮気調査

浮気を防止するには

誰でも自分の大切な人に浮気されることほど辛いことはないでしょう。
浮気されることで二人の信頼関係が崩壊します。
浮気された方はもう一度信用することが難しくなり、浮気した方は信頼関係を一から築くことが困難になります。
どうしても浮気という裏切り行為を許すことが出来ないと判断するなら、「別れ」を選択することになります。
このような悲しい恋愛の結末を迎えないためにも、大切な人の浮気を防止しなくてはいけません。

恋愛中や結婚生活の中で浮気を防止するためには、お互いに掛け替えのない存在ということを充分に理解し合うことで彼氏や彼女、夫や妻の浮気は防止できるのです。
付き合っている恋人や結婚している配偶者に浮気を防止するためにも手抜きせずに全力で愛情を注ぐことが必要です。
恋愛でも結婚でも手を抜いて怠慢な関係をつくってしまうことで浮気から大きな問題へと発展してしまうのです。

浮気された時の対処法

大切な人の浮気が発覚した場合、その浮気が遊びなのか?本気なのか?確認しなくてはいけません。
浮気がバレてしまった以上、許してあげるなら恋愛や夫婦関係を続けることが出来ます。
簡単に浮気を許してしまうことで浮気を繰り返してしまう人がいますので改心するように意識を変えさせること、罪悪感を感じさせることが必要です。
浮気した相手の性格にもよりますが、浮気の事実を責めて反省しても、いつまでも文句を言われていると嫌気が差しますので、言い過ぎには注意が必要です。

もし浮気が本気になっていたら

また、浮気が本気になっている場合には「離婚」や「別れ」の可能性が出てきます。
浮気相手と別れるなら許してあげることも可能と思います。
しかし、浮気が本気になって開き直り「離婚してほしい」、「別れてほしい」と言ってきた場合には対処方法が違います。
浮気の証拠を掴んで本人に問い詰めても、本来の問題解決に繋がらないケースは多々あります。
このような時に浮気相手に慰謝料請求することや、浮気相手の所に乗り込んで話し合うことが逆効果になってしまうのです。
浮気相手の味方をして離婚や別れを要求してきます。

浮気が本気になってしまっている場合には、第三者から本人や浮気相手に何を言ってもあまり効果は期待できません。
浮気を解消して、元の恋愛生活を送りたい人や夫婦円満に戻りたいと思う人へ別れさせ屋工作というサービスをご提案して浮気を解消しておりますのでお気軽にご相談下さい。

浮気の再発を防止する方法

浮気が発覚して本人が「もう二度と浮気しない」と約束しても浮気が再発してしまう可能性があります。
一度ならずとも二度も三度も浮気をされたら絶対に許せることではありません。
浮気の再発を防止するために日常から心得ておくことと、一度浮気が発覚した時点で注意しておかなければならないことをしっかり理解して浮気の再発を防止する必要があります。

  1. 浮気したことに罪の意識や後悔を感じさせる。
  2. 二度浮気としない事をきちんと約束させる。
  3. どうして浮気したのか原因を追求するために話し合う。
  4. 第三者(友人・知人・親・兄弟)に浮気の事実を伝えて浮気できない環境をつくる。
  5. 浮気相手と会って二度と会わないように説得する。
  6. 誓約書を書かせる。
  7. 反省しているなら浮気について追及せずに二人の関係を深める。

上記の浮気再発防止策は全て対処することではなく、相手の性格や環境を踏まえて必要性のあることだけを実行し浮気を防止して下さい。
一度浮気したことを許したのにも関わらず、いつまでも根に持って嫌味を言い続けることで浮気した相手も嫌気が刺して恋愛感情が冷めてしまいます。
「許す」と決めた以上、過去に拘らずに前向きに恋愛や結婚生活を楽しまなくてはいけません。
また、浮気されるということは自分自身にも落ち度があると考えて反省し、改善しなくてはいけないのです。
二人の関係の絆を深く強いものにすることが一番の浮気防止になると考えております。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る