浮気の証拠をつかむ方法

浮気調査

浮気の証拠を確実に押さえる

浮気の兆候を見つけたり、浮気の疑いがあるなら、浮気の証拠を確実に押さえなくてはいけません。
浮気の証拠も無いまま相手に問い詰めてもはぐらかされたり、誤魔化されてしまいます。中には、逆切れして疑われたことに腹を立ててしまい、二人の関係は悪化してしまいます。
勿論ですが、本当に浮気していない場合も考えられます。
しかし、確信がなければ浮気を疑ってしまい気持ち良く関係の修復が出来ないこともあります。
相手を信じてあげたいけど信用できない場合もあるのです。
浮気調査から浮気の証拠が出てくるか出ないかを確認して、気持ちを切り替えて対処することが望ましいと言えるのです。

浮気証拠は相手との交渉に必要不可欠

まずは、「浮気しているか」、「浮気していないか」の判断をする必要があります。
「浮気の証拠がある」か、「浮気の証拠が無い」のかで決まります。
相手が自ら浮気を認めるなら話は別ですが、この「浮気証拠」で状況や対応が一変することになります。

浮気の証拠が無いまま問い詰めても、浮気を認める人はあまり存在しません。
自らの環境を悪くして周囲から非難されたり、不利な離婚を強いられたりしたくないと考えるからです。
相手の浮気によって離婚を考えるなら、尚更に浮気証拠は必要になります。
浮気の証拠が無ければ、不貞行為を立証するための決定的な証拠がありません。
これでは話し合いの末に協議離婚しようとしても有利な話し合いが出来ずに不利な離婚になってしまう可能性があります。
相手の落ち度や弱味として浮気の証拠が役立ち、慰謝料や養育費、財産分与などを多く受け取れて有利に離婚することが可能になります。

離婚や慰謝料請求するにも浮気証拠が必要

一旦は自ら浮気を認めても、不利な離婚を強いられたくない思いから「浮気はしていない」と認めないことがあります。
途中で話を変えてしまおうとする人も多く存在します。
離婚協議中や調停や裁判に発展することで、浮気の証拠が無ければ離婚が難航して不利な離婚となってしまうのです。
このように、後に揉めないためにも、浮気の証拠を確実に押さえて保全管理することが必要なのです。

また、浮気相手に慰謝料を請求するにあたっても浮気証拠は必要になり、浮気の事実と浮気相手の特定が必要不可欠なことになります。
これらの場合の浮気証拠とは、「性的関係を確認、又は推認できる証拠」となります。
離婚や慰謝料を請求する側がこの浮気証拠を証明しなければならないのです。

浮気の証拠のあるないで大きく異なる

浮気の証拠が不十分な場合、思い込みによる憶測や推測と捉えられて、離婚請求を棄却され、離婚が認められない場合もあります。
また、離婚請求をする場合には、浮気が婚姻の破綻の原因であるという因果関係も浮気証拠から証明する必要があります。
浮気の証拠を完全に立証できなくても、離婚の請求をすることは可能ですが、この場合には「不貞行為」ではなく、「婚姻を継続し難い重大な事由」を適用して争うことになります。

しかし、婚姻を継続し難い重大な事由が争点の場合には慰謝料額を減額されたり、全く取れなかったり、浮気相手にも慰謝料請求することはできません。
離婚する場合には特にですが、慰謝料や養育費、財産分与や親権などの条件を有利にするためには、浮気証拠は絶対に必要になります。
浮気の事実があっても第三者に証明できる浮気証拠なければ意味がないのです。
ミッションエージェントでは、離婚や慰謝料請求に必要な「浮気の証拠」を確実に押さえます。
浮気の証拠は、自分の今後の人生を大きく変える大切なものになるのです。

確実な浮気証拠を用意する

離婚裁判では、確実に勝てる浮気証拠を持って望み、相手が言い逃れ出来ない、反論することも出来ない状況をつくって有利に裁判を展開しなくてはいけません。
裁判で不貞行為を認められるか否かは、浮気の証拠次第になります。
浮気の証拠があれば、本人や浮気相手が否定しても裁判に勝つことが出来るだけでなく、納得できる結果を得られるでしょう。

また、自分は夫婦生活の継続を希望しているが、相手から離婚を迫られている場合でも、調停・裁判で配偶者の「浮気の証拠」を提示して、相手方の離婚請求を阻止することも可能です。
離婚のための浮気証拠収集であれば、訴訟の為に浮気相手の現住所等・連絡先なども判明する必要があります。
そのためにもどのような浮気証拠が確実なものなのか認識しておく必要があると言えるでしょう。

写真・ビデオの浮気証拠

同一人物によるラブホテルに出入りする場面の二人の映像
※一度きりの浮気は不貞行為としての浮気証拠とはなりません。あくまでも継続性を立証する必要があります。
※歩いている二人の映像や車中の映像では浮気証拠になりません。

文書の浮気証拠

日記や手紙などによる男女の関係を認められる文章
※名前が明記されていない場合には証拠能力が低いと判断されます。
※携帯メールやPCメールなどのメールの内容は証拠能力が低いと判断されます。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る