浮気相手に慰謝料請求する方法

浮気調査

浮気相手に慰謝料請求したい

浮気の発覚から浮気相手に慰謝料請求を考える方は多くいます。
浮気によって離婚する、しないに関わらず浮気に対する慰謝料を請求することは可能になります。
慰謝料とは、精神的苦痛をお金に換算した対価となります。
この場合には、浮気されたことによって受けた精神的苦痛となります。
浮気相手に慰謝料を請求する場合には下記3点を確認しなくてはいけません。

  • 浮気相手は既婚者と理解していながら関係を持った。
  • 浮気相手と性的な男女の関係にあった。
  • 浮気相手と関係を持ち始めた時には夫婦は破綻していない。

つまり、既婚者であることや配偶者がいることを知りながら浮気相手が関係を継続し、その浮気が原因で夫婦仲が悪化し、夫婦関係が破綻したのであれば慰謝料の請求は充分可能です。
しかし、浮気相手も既婚者だとは知らずに付き合っていた場合には慰謝料請求は出来ません。
また、浮気相手と男女の関係が無く、あくまでもプラトニックな恋愛であった場合には慰謝料請求することは出来ないのです。
そして関係を持つ前から夫婦は既に破綻していた場合も慰謝料請求は認められません。

浮気による慰謝料請求額

浮気の慰謝料は、精神的苦痛をお金に換算した対価となり、浮気された側が請求して不貞行為を犯した浮気相手が請求額を支払うことになります。
浮気による慰謝料請求金額は、一般的に夫婦が離婚に至らない場合には、50~100万円位が慰謝料請求額の相場となります。
夫婦が離婚に至った場合には、150~300万円位が慰謝料請求額の相場となります。

多く請求しても意味が無い

多く請求して、多く支払わせたいと考えがちですが浮気相手が請求されても払えないような慰謝料請求額を提示されてもあまり意味がありません。
浮気相手が謝罪の意味を込め、尚且つ支払える範囲で決めなければ「払えない」で終わってしまいます。
また、浮気相手に慰謝料請求しても、浮気した配偶者が慰謝料請求額を全て払ってきた場合には、それを拒むことはできません。
浮気した二人は、法的に共同不法行為で同罪であり、一方が慰謝料請求されたとしても共同責任であるためどちらが払っても問題ないのです。
浮気相手に慰謝料請求する場合に考慮する点は、

  • 浮気したきっかけをどちらがつくったのか
  • 浮気していた頻度や期間
  • 夫婦生活に損害や苦痛を与えた期間
  • 夫婦関係が破綻した浮気の影響
  • 浮気相手の支払える能力と金額

浮気相手に慰謝料請求する方法

浮気相手と連絡を取って直接請求する人もいれば、面会して請求する人もいます。
浮気相手と話したくないし、会いたくもないという人は多いのです。
声を聞いたり、会うことで怒りの感情が込み上げて冷静ではいられないという判断です。

内容証明郵便を使う

一般的に多くの人は、「内容証明郵便」を郵送して慰謝料請求を行ないます。
内容証明を送ることで慰謝料が絶対に支払われるものではありませんが、受け取った浮気相手は精神的プレッシャーから支払いがスムーズになることが多いようです。
「内容証明郵便」は、書面の内容・郵送日時・送り主と受取人を郵政公社が公的に証明してくれる郵便手段です。
3通同じ内容で作成し、1通は自分、1通は相手、1通は郵政公社が保管します。
トラブルを招く内容に注意して自分の意思と慰謝料請求額、支払い方法や支払日を明記して送ります。

慰謝料請求できる期間は3年

注意しなければならないのが、慰謝料請求できる期間には3年間という時効があります。
浮気の事実を確認してから3年以内に慰謝料を請求しないと請求できる権利を失うことになってしまいます。
「内容証明」を送っても無視されたり、解決しない場合には簡易裁判所への調停、又は裁判を提起することになります。
慰謝料請求額が140万円までの場合は簡易裁判所、慰謝料請求額が140万円以上の場合は地方裁判所というように慰謝料請求額によって提起する裁判所が分類されています。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る