浮気から離婚する、しない方法

浮気調査

浮気が離婚原因に

浮気したり、浮気されたりすることで離婚に発展する夫婦は後を絶ちません。
浮気とは、夫婦にとって離婚を考えるほど苦悩な裏切り行為になるのです。
夫の浮気や妻の浮気…。
妻の浮気を許せる夫はなかなか存在しません。
また、女性の浮気の方が男性の浮気よりも本気になり易く、妻が浮気することで家庭が崩壊して離婚しているケースが多いようです。

夫婦のどちらかが浮気して離婚の危機を向かえてしまう理由としては、夫婦生活が怠慢になってお互いを思う気持ちが薄れてしまうことが原因の一つでもあります。
男と女の関係というよりも、日常的に傍にいる家族となることで刺激や緊張感が無くなってしまい異性としての魅力を感じなくなってしまうのです。
セックスレスの夫婦もこのような状態に陥ってしまい、配偶者以外の異性と接触することで浮気に走り、離婚に至ってしまうのです。

配偶者が浮気したら離婚する?離婚しない?

夫の浮気を許せる妻は意外に多いのです。
口では「浮気したら離婚する」と言っても実際は夫に浮気されることで妻として自分の態度や接し方を返り見て反省したり、浮気相手に夫を取られたくないという思いから浮気しても離婚したくないと思うのです。
夫側に生活力があるために離婚することで自分の環境が悪化したり、不利益な離婚はしたくないと考える妻は多いのです。
しかし、妻の浮気を許せる夫は少ないのです。
自分が生活の面倒をみて支えてきたという自負がある中で、裏切られることで絶対に許せないと判断するのです。

女性は浮気が本気になりやすい?

男性の浮気の方が「遊び」が多く、女性の浮気は「本気」になっていることが多いと言えます。
配偶者の浮気が発覚しても離婚をとどまる夫婦もいれば、簡単に離婚を決断する夫婦もいるのです。
夫婦として意見の相違や価値観の違いから元々夫婦仲が悪く、きかっけがあれば離婚したいと考えていた場合には、配偶者の浮気が発覚することで離婚の話になります。
また、夫の浮気が発覚した時に、実は妻も浮気していたという場合も踏みとどまることなく離婚することが多いのです。
配偶者に浮気されても離婚しないなら、今後浮気しないように夫婦仲を改めて支え合うことが大切です。
浮気が発覚して離婚を決意したなら情に流されない強い意志で離婚に踏み切って下さい。

浮気させて離婚する別れさせ屋工作

配偶者と「離婚したい」と考えている既婚者の方は非常に多いのです。
「熟年離婚」という言葉をよく耳にするように、長年連れ添った夫婦でも離婚したいと感じているのです。
きっかけがあれば「離婚したい」と考えている場合、自分の配偶者に対して異性の工作員を接触させて浮気の証拠をつくり、有利に離婚に持ち込むために別れさせ屋工作を行なう方も増えております。
配偶者に浮気させることで離婚のきっかけをつくるのです。
配偶者に離婚理由があることで、周囲や親族も味方になってくれるのです。

離婚原因の作成

例え、離婚調停や離婚裁判になっても法的に認められる離婚理由の証拠(不貞行為)があることで、有利な離婚をすることが可能となります。
「離婚したいけど理由やきっかけが無い」と考えている方は、このように配偶者に離婚原因をつくって離婚を認めざるおえない状況をつくる必要があるのです。
また、配偶者が工作員に夢中になることで、自ら「離婚したい」と告げてくることもあります。
この場合には、夫婦で話し合って優位な協議離婚が可能となります。
配偶者も自分の不貞を認める場合と認めない場合がありますが、別れさせ屋工作の展開次第で本当の離婚理由を配偶者自ら認めるように仕向けることも可能なのです。
浮気させてでも離婚したいと考えている方は、お気軽にミッションエージェントまでご相談下さい。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る