婚約破棄して婚約解消する方法

別れさせ屋工作

婚約破棄してくれない婚約相手

婚約相手と婚約破棄を考える場合、その婚約相手に対して「別れたい」と言って婚約解消できるほど簡単にはいかない場合が多くあります。
婚約相手が別れることに反対したり、納得しない場合です。
結婚する気が無くなってしまったり、他に好きな人や気になる人が出来た場合でも、自分に婚約破棄する理由があれば婚約相手に婚約解消を簡単に切り出せるものではありません。
婚約という結婚の約束をしていると結婚式場の予約や新婚旅行の予約、新居の費用や家具や家賃などを共有していることがありますので金銭的な問題も解決しなくてはいけない場合があります。
また、慰謝料や損害賠償を請求されることも考えなくてはなりません。
婚約している二人の話し合いで婚約解消できない場合には調停や裁判に発展してしまいます。

婚約解消したいと婚約相手に告げた?

婚約相手に対して、「婚約破棄したい」、「婚約解消してほしい」と告げた?のかによって婚約相手との接し方や別れ方が変わってきます。
婚約相手に「婚約を解消したい」と告げていない場合の別れさせ屋工作は、対象者である婚約相手と工作員の関係が仮に浮気でも、婚約を破綻させたのは婚約相手の浮気が原因となり、「婚約を解消したい」と自ら告げて婚約破棄することが出来るのです。
婚約相手に「婚約を解消したい」と告げた場合の別れさせ屋工作は、工作員との関係が本気の恋愛になるように取り組みます。
婚約相手にとって「婚約破談になりそう」な辛い時期を工作員が支えることで新しい恋愛に発展し、気持ちが工作員に入り込むのです。

このように婚約解消したい気持ちを婚約相手に隠して別れさせ屋工作を行なう場合と、婚約解消したいと告げた婚約相手に別れさせ屋工作を行なう場合とでは多かれ少なかれ接触後の別れさせ屋工作の意識や方向性が変わります。
もちろんですが婚約解消したい婚約相手の性格によっても別れさせ屋工作の方法は変わります。
自分に婚約破棄の原因や婚約解消の理由があって婚約破棄を切り出せない人も多いのですが、婚約を破棄・解消したい原因や理由が一方的に婚約相手側にある場合も多いのです。

どうしても婚約を破棄したい

婚約相手が「婚約解消したい」、「婚約破棄したい」と思う心境になるように別れさせ屋工作するか、「婚約が破談になる」ように婚約相手に対して別れさせ屋工作するしかありません。
婚約相手が工作員を選んで新しい恋愛を望むならスムーズに婚約破棄できることになります。
しかし、工作員には本気にならずに浮気であれば、婚約破棄の原因をつくった婚約相手を責めて自ら婚約解消を切り出さなくてはいけません。
婚約相手から婚約解消を切り出してこないなら、自分自身が優位に婚約解消を切り出さなくては婚約破棄することは出来ません。
婚約相手に婚約破棄の原因をつくり、婚約解消することを認めさせる必要があるのです。
また、別れさせ屋工作と同時に婚約相手の気持ちが離れていくように仕向けることも必要になります。

婚約解消したいなら別れさせ屋工作

婚約中に些細なことで喧嘩したりして仲の悪くなる要因を作り、気持ちを離そうと努力することも大切です。
言葉で伝えるのではなく、行動して婚約相手に気付かせるのです。
このような要因を二人の婚約関係に織り交ぜながら別れさせ屋工作を進展させることで気持ちも離れ易くなるのです。
このように仕向けることで工作員との新しい恋愛を選ぶ可能性も高くなり、婚約相手から婚約破棄を切り出してきたりするのです。
婚約相手との情に流されないように強い意志を必要とします。

「婚約破棄したい」と強く思う

別れさせ屋工作中において、婚約相手との接し方は随時アドバイスさせて頂きます。
別れたい婚約相手とどのように接して、対処するべきかを詳しく伝えて別れさせ屋工作を進めてゆきます。
また、婚約解消したい婚約相手に対して情や罪悪感を感じてしまうなら、婚約解消する時期ではないかもしれません。
「婚約破棄したい」と強く思うなら、婚約相手との「情」に流されない強い意志で婚約解消を決意するしかありません。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る