夫と離婚したいなら

別れさせ屋工作

離婚してくれない夫

夫との夫婦関係を解消しようとする場合には、夫の同意が無ければ離婚は成立しません。
夫婦で話し合った末に離婚する場合には協議離婚となりますが、夫が離婚に反対したり、認めない場合には離婚調停や離婚裁判に発展してしまうことになります。
このように調停や裁判にまで発展してしまうことで離婚成立まで離婚問題が長期化してしまうことも考えられます。
また、調停や裁判の時には法的に認められる正当な離婚理由が必要になり、これを証明しなくてはいけないいのです。

  • 婚姻関係を続け難いほどの暴力
  • 生活に関係ない多額の借金
  • フル配偶者の不倫

暴力を振るわれたり、異常な束縛をされたり、生活費を入れない場合など苦痛な時間を強いられてしまいます。
離婚したくても離婚できない辛い状況と思います。
夫婦と言っても、仮面夫婦や別居で夫婦関係が破綻していたり、夫婦として関係を修復できない場合も多いのです。
また、夫婦仲は良くても夫と離婚したいと感じる妻も多くいるのです。
離婚の際にも出来る限り慰謝料を多く取りたい、慰謝料を出来るだけ払いたくない、子供の親権を渡したくない、既に配偶者以外の人と第二の人生を考えている人など「夫と離婚したい」状況や考え方は様々です。

どうしても夫と離婚したい

夫と「離婚したい」と決断すれば、憎しみ合う関係を続けるよりも離婚した方が良いのです。
「離婚したい」と夫に言い出せず、後ろめたさを感じることもあるかもしれません。
先に「離婚したい」と言い出すことで不利な状況になってしまうこともあります。
「夫と離婚できる理由が無い」、「夫が離婚してくれない」と言って離婚を諦めてしまっては悩みの解決にはなりません。
ミッションエージェントでは、離婚してくれない夫とスムーズに離婚成立させるために別れさせ屋工作というサービスを行なっております。
夫側に離婚理由や離婚原因をつくって同意の上で離婚するための別れさせ屋工作となります。
離婚したい夫との現在の状況と今までの経緯をお知らせ下さい。

  • 夫と離婚したい理由は?
  • 夫が離婚してくれない理由は?
  • 「離婚したい」と告げたことはあるのか?

夫と離婚したいなら別れさせ屋工作

離婚したい夫に対して女性工作員を接触させて不貞行為の証拠をつくり、有利に離婚に持ち込むために別れさせ屋工作を行ないます。
夫に不貞行為があることが発覚すれば、離婚理由が夫側にあることで周囲や親族も味方になってくれるのです。
例え、離婚調停や離婚裁判になっても法的に認められる離婚理由の証拠があることで有利な離婚をすることが可能となります。
夫に離婚原因をつくって離婚を認めざるおえない状況をつくる必要があるのです。

また、夫が女性工作員と恋愛し、本気になることで、夫自ら「離婚したい」と告げてくること多いのです。
この場合には、夫婦で話し合って優位な協議離婚が可能となります。
夫も自分の不貞を認める場合と認めない場合がありますが、別れさせ屋工作の展開次第で本当の離婚理由を夫自ら認めるように仕向けることも出来ます。

夫と離婚したい決意と知識と準備

結婚生活中に些細なことで喧嘩したりして仲の悪くなる要因を作り、夫の気持ちを離そうと努力することも大切です。
言葉で伝えるのではなく、行動して夫に気付かせるのです。
別れに至る要因を夫婦関係に織り交ぜながら別れさせ屋工作を進展させることで夫の気持ちも離れ易くなるのです。
このように仕向けることで女性工作員との恋愛を選ぶ可能性も高くなり、夫から離婚を切り出してきたりするのです。
夫との情に流されないように強い決意を必要とします。

離婚問題解決へ向けて

夫との離婚には慰謝料・財産分与・養育費・親権などの離婚問題が絡んできます。
この離婚問題を解決できるように知識と準備が必要になります。
別れさせ屋工作中において、夫との接し方は随時アドバイスさせて頂きます。
離婚したい夫とどのように接して、対処するべきかを詳しく伝えながら別れさせ屋工作を進めてゆきます。
また、離婚したい夫に対して情や罪悪感を感じてしまうなら、まだ離婚する時期ではないかもしれません。
「夫と離婚したい」と強く思うなら、「情」に流されない強い意志で離婚を決意するしかありません。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る