別れの理由と別れる方法

別れさせ屋工作

別れる理由をつくるには?

「別れたい」と思っても相手に伝えることが難しい場合があります。
自分だけが冷めてしまったり、他の人を好きになって、相手に対する恋愛感情が無くなれば「別れる方法」を探してしまいます。
相手の気持ちも冷めてしまうような「別れる理由」があれば悩むことはないのです。
お互いの恋愛感情が冷めてしまえば恋愛関係は終結します。
この「別れる理由」が自分にあることで辛く、罪悪感を感じてしまうのです。
相手側に「別れる理由」があれば、相手も納得して「別れ」を選択することになります。

恋愛には二人の関係が上手く行っている仲の良い時期と、上手く行かない悪い時期があります。
この仲の悪い時期に「別れる理由」があるなら別れられるきっかけとタイミングをつくることが可能です。
しかし、自分だけ上手く行っていないと感じていたり、相手は順調な恋愛と思っている場合には、「別れ」を告げても納得してはくれないでしょう。
嫌いになってもらうことも別れる理由になりますが「他に好きな人がいる」や、「浮気した」などと告白しても恨みを駆って余計に別れられなくなってしまう可能性が高いのです。
あくまでも自分ではなくて、相手側に恋愛関係を解消する「別れる理由」が必要になるのです。

別れる時のタイミング

相手が「別れたくない」と強く意地を張ってしまわないようにするには、別れる時の理由とタイミングが重要になります。
別れる理由と別れを告げるタイミングを見極めることでスムーズに相手と別れることが出来るのです。
別れる時の理由とタイミングを見極めることで相手も「別れ」を受け入れ易くなるのです。
この別れる時の見極めを間違えてしまうことで暴言や暴力、拘束や束縛をされてしまい「別れられない」、「別れてくれない」という状況に陥ってしまうのです。
こうなると苦痛と我慢を強いられてしまいます。

相手の性格や二人の関係をよく考えて、別れる時のタイミングを見極めることが「上手に別れる方法」と言えるのです。
別れる時には「別れ」を告げられる相手の気持ちや心理をよく理解してあげることが大切になります。

彼氏・彼女と上手く別れる方法

彼氏や彼女と上手く別れる方法として、相手から「別れたい」と言わせる、もしくは「別れてもいい」と思う心境にさせる必要があります。
相手の心境を変えるための別れる方法が必要になります。
恋愛対象を変えることで依存心が変化します。
別れてくれない相手というのは、別れた後に独り寂しい思いをしたくないと感じています。
新しい恋愛をすることで寂しさや孤独を感じることが無くなり、未練なく新しい恋人へと気持ちを乗り換えるのです。

別れる方法として、新しい恋愛を別れさせ屋工作によって演出し、「別れてもいい」心境にさせるのです。
別れてくれない彼氏や別れられない彼女と上手く別れる方法として別れさせ屋工作のご依頼を数多く頂いております。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る