上手に別れる方法

別れさせ屋工作

上手に別れるには

「別れ」を決意しても相手を傷つけたくないと思うものです。
出来る限り自然な別れ方を望みます。
しかし、相手の気持ちが無くなることを待っていても、いつその時が訪れるのかはわかりません。
それまで苦痛と我慢を強いられてしまいます。
また、感情剥き出しで自分から「別れたい」と伝えても聞く耳を持たない相手もいます。
依存している恋愛体質の相手には言葉にして伝える別れ方は通用しないという場合を、多く見受けます。
暴言や暴力、拘束や束縛がさらにエスカレートしてしまうことも多いのです。

気持ちを残さない別れ方をしないと、いつまでも恨みをかってしまったり、未練からストーカー行為に至る可能性もあるのです。
“愛情が憎しみに変わる”とはまさにこのような状況からなのです。
相手の性格や人格をよく見抜いてから別れ方を考えることが「上手な別れ方」と言えるのです。
相手も突然「別れたい」と言われたらそのショックから精神的に不安定になってしまったり、意地を張ってしまい「別れない」を貫いて強情になるのです。

上手な別れ方としての別れさせ屋工作

上手な別れ方として、相手から「別れたい」と言わせる、もしくは「別れてもいい」と思う心境にさせる必要があります。 相手の気持ちの変化を求める別れ方が必要になります。
恋愛対象を変えるように仕向けることで気持ちが変化します。
別れてくれない依存している相手というのは、別れた後に独り寂しい思いをしたくないという気持ちがあります。

別れた後に別の人と恋愛することで寂しい思いや孤独も感じることが無ければ、未練なく次の恋愛へと気持ちを乗り換えられるのです。
次の恋愛を別れさせ屋工作によって演出して、「別れてもいい」心境にさせるのです。
「別れたい」と伝えてから詰まらない意地を張られてしまうよりも、「別れ」を告げずに別れさせ屋工作を仕掛けることでスムーズな別れ方が出来るのです。

恋愛を終わらせる別れ方

別れさせ屋工作によって相手側に別れの原因をつくったり、別れることを容認させる必要があるのです。
また、スムーズな別れ方として相手の気持ちが離れていくように振舞うことが必要になります。
恋愛中も些細なことで喧嘩して仲直りしないようにしたり、相手が嫌いになってくれる要因を見つけて実行するのです。
言葉で伝えるのではなく、行動して相手に気付かせるのです。

このように気持ちが離れる要因を別れさせ屋工作中に織り交ぜながら別れさせ屋工作を進展させることで余計に気持ちが離れて、工作員との新しい恋愛を選ぶことになり、相手から別れを切り出してくる可能性も高くなるのです。
自然な恋愛の別れ方を演出するためにはこのような自身の努力も必要になるのです。
別れさせ屋工作中において、相手との接し方は随時アドバイスさせて頂きます。
別れたい相手とどのように接して、どのように対処するべきかを詳しくお伝えして別れさせ屋工作を進めてゆきます。
また、別れたい相手に対して情や迷いを感じて躊躇うなら、まだ本気で別れを決断できないのでしょう。
「別れたい」と本気で思うなら、「情」に流されない強い意志で別れを決意するしかありません。

無料相談お問い合わせ窓口はこちら

フリーダイヤル0120-0783-49

年中無休24時間受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

無料相談メール受付窓口はこちら

Eメールでのご相談も受け付けております。以下のお問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
トップへ戻る